2016_11
19
(Sat)08:30

ちょこっと歴女

水曜日にお休みの時は、NHKラジオ第一の「すっぴん!」を聴きます。
藤井彩子アナとダイヤモンド☆ユカイさんのコンビで、楽しいです。
一番楽しみなのが、「ユカイな裏歴史」のコーナー。歴史家、作家、大学講師の加来耕三先生が歴史の裏話を楽しく解説してくれます。ダイヤモンド☆ユカイさんは実は城マニアで歴男。

例えば最近では、「鹿児島では西郷さんが大人気で大久保利通は大悪人扱いなんだけど、大久保は実はこんなチャーミングなヒト」「黒田官兵衛が息子長政を守るためにやったこと」とか、加来先生がご自分の仮説も含めてお話される内容がとても面白い。
日本史の授業で聴きたかったのはこんな話だったなー、と思います。歴史は人生ドラマの重なり合いですもんね。
大人になって、通訳ガイド試験のためにおさらいした日本史、人生経験を経た方がいろいろ面白く感じますね。
人間関係のドロドロとか、親が子に思うこととか。

ユカイな裏歴史←リンク

「すっぴん!」は日替わりレギュラーで金曜日の高橋源一郎さんの放送も好き♪
昨年のことですが、時代劇研究家の春日太一さんが、渡辺謙さんの日本での最後の時代劇作品「御家人斬九郎」で使われたQueenの"The Show must go on"を紹介。渡辺さんがもう時代劇に出ない理由を語られたのも感動的でした。

index_1.jpg(BSフジより)


浪人生のムスメは、予備校でとっても素敵な日本史の先生に出会って、目下の愛読書は「日本史資料集」。
博学で授業が上手で、「先生にガイドしてもらって世界旅行したらすっごい楽しいし勉強になると思う」と言ってます。

先日模擬試験で選択肢に「兀庵普寧」てお坊さんの名前が出てて、
「おかーさん、これって「パイあんふねい」て読むの?」
そんなはずないやろ!と思ってググったら「ごったんふねい」でした(初めて見た!!)
「ゴタゴタ」の語源になった人なんだって。

「円爾弁円」も出てきたらしい。読み方は「えんにべんねん」。博多山笠のきっかけを作ったお坊さんでした。
「いろんなお坊さんがいたんだねー」とか、昨年はムスメとこんな話できる感じじゃなかったので(遠い目)、嬉しくも不思議な感じです。そもそも私が歴史面白いと再認識したのも英語のおかげ。

そんな彼女が目下行きたいのは名古屋の明治村。(画像お借りしております)
146175968305991152177_IMG_0001-1.jpg

受験が終わったら存分に楽しんで来てください。(私も行きたい)
スポンサーサイト
2016_10
08
(Sat)14:38

バーチャル→リアル(2)

10月になりました。

最近、やけに浮腫みます。疲れてるのか、運動不足か、不摂生か、更年期か・・。どれも当てはまる~
通訳ガイドの友人は50代後半だけど、もう更年期は卒業してて、「更年期の頃は全くやる気が起こらなくて、ベランダの植物全部枯らしたもんねー。」と言ってました。今は、そんな姿は想像できないくらい元気バリバリ。精力的に動き回っています。
元気バリバリの日々を想像しつつ、できることからやって行こう、と思います。

さて、先日輪読会およびブログ仲間のいんこさんと初めてリアルでお会いしました!!
こっち方面にお引越しして来られたので、嬉しいです
私より一回り年下ですが、すでに通訳ガイドとして経験を積まれていて、ライターの経験も有り、ママとしても頑張っておられます。
主婦さんのコメント「楚々とした美人」、その通りでした。

DSC_0610.jpg
タイ料理を頂きました♪ パクチー食べ放題てことでSサイズを頼んだらこんな感じ(中央グラス右)

ガイドの体験談を聞いたり、ネタ帳を見せて頂きました。きっちりした文字でびっしり予習をされていました。
ネタ帳、ちゃんと作らなきゃなー・・・、反省しました。私の場合、資料が結構あちこちに散乱しております・・
いんこさん曰はく、「実際のガイドですごく落ち込んでも、次やる時は忘れてるんですよね(笑)」
出産みたいな・・(爆)。

今後ともどうぞよろしくお願いします<(_ _)> プチ福岡オフ会もやりましょう!

いんこさんに会うちょっと前に名刺を作ってみました。
お友達がネットで注文したら安かったというので。
色や絵柄で悩みました。桜がいいか、吉祥文様がいいか、水引か・・・。
私の場合はそんなにたくさん選択肢がなかったので、悩んだ末に藤にしました。
日本古来から愛されている花だし、蔓はとてもタフ。藤色は大好きな色。
花言葉は「優しさ」「歓迎」。良くないですか?(なんでも形から入る・・^_^;)

DSC_0630.jpg

名刺を配る機会を増やすぞ。



2016_08
27
(Sat)01:27

ガイドツアー未遂

ご無沙汰しておりました。
今日カウンターを見たら、一気に跳ね上がっていつもの5倍訪問があってたんですが、いったい何があったんでしょう?(爆)
あ、通訳案内士試験一次が終わったんだ!おつかれさまでしたー!すぐ二次の準備をなさってください!いつになっても絶対役にたちますから!

さて、通訳案内士同期のお友達から「一緒にデビューしよう!」と口説かれて、腹を括ったのが博多オフ会の最中。
勢いに乗ったというか、調子に乗ってたから引き受けました。
その後、ちょっと遠いんだけど3回下見に行き、資料や本を読み込み、プロットを作り、小道具を作り、(の合間にお盆の嫁業をし)
「熱中症が出たらどうしよう」「クレーム出たらどうしよう」といつもの心配性と、予習のため、あまり眠れない日々を過ごしました。
DSC_0590.jpg


直前にラッキーが重なって大先輩から声をかけて頂いて本格的な下見にも一度行きました。その時点でプロのガイドさんの目の付け所とか、引き出しの多さとか、知識の豊富さとか、幾度となくピンチを乗り越えてきたたくましさとか、感心するばかりで、有難いと思うとともに、「ワタシにできるのだろうか」「絶対乗り越えたら違う景色が見えるはず」などなどいろんな気持ちを味わいました。リオオリンピックと被ったので、妙に自分を鼓舞しながら頑張りました。


そして迎えたドキドキの当日。



なんと・・・



あろうことか・・・



・・・・・・当日集合現地にて事情により参加人数が大幅に減り、ワタシのともう一台バスは出ないことになりました(爆)


こんなんあり????

あの切羽詰まった時間はいったい何だったの???


・・・・・と思いましたが、前述の先輩ガイドさんのバスに乗ってヘルプすることになり、素晴らしいガイディングを見学させてもらうという、滅多にない体験ができました。(ホントに滅多にないことですって。自分のテクニックを盗み見されるの嫌ですもんね。)
いや、ホント、プロの技は素晴らしい。流れるように自然。ガイドさん自身も楽しそう。
この先輩ガイドさん、下見の時からいろいろヒントを下さったり、質問に丁寧に答えてくださったり、とても心の広い方で、自分もこんな風でありたい、と思いました。

今回10名以上のガイドさんとお会いしたのですが、ほとんどワタシと同年、または年上の女性でした。
研修でもそうでしたが、英語を教えていたとか個人で教室をやっている、という人が多いようです。
思うに、先生をしていたら人前で話すことも抵抗なく(むしろ好き)、ベースがお世話好き、教えるのが好きというのがあるのでしょうね。ずっと英語を教えてきたけど、英語を使って違うことをしてみたい。残りの人生好きなことに打ち込みたい。という声もよく聞きました。

もしかしたら、神様が「オマエはまだまだだから、ちゃんと修行しなさい。」と言ってるのかもしれないと思いました。
実地研修も地震でなくなったし、今回も(業界的にはある話らしいけど)できなかったし、これは「やめておきなさい」ということなのか、「こんなに妨害が入ってもやりたいのか?」と言われているのか・・・・・いろいろと考えています。
今回準備したことは決して無駄ではないと思うし、プロの方たち、外国からのたくさんのお客様と会えたのはやはりラッキーでした。

今年度入ってからずっと走り続けてる感じで、そのせいかいろんなことがいろんなところで繋がってて、実現のスピードが速くなってる気がします。

楽しくなってきました。

2016_06
24
(Fri)18:03

博多街歩き

通訳ガイド研修で知り合った友人に誘われて、福岡ウォーキングツアーに参加しました。

Fukuoka Walks←リンク
外国人向けだけど、日本人もOKってことで、日本人アラフィフ3人で参加。2時間ツアー+お抹茶体験付き2000円。
ガイドしてくださったのは、リタイア後ガイドをされている男性。友人によると、この方「レジェンド」と呼ばれているそうですΣ(・ω・ノ)ノ!

この日は小雨でツアー参加者は私ら3人だけ。ガイドさんはずっと流暢な英語で、ユーモアがあり、リラックスした雰囲気でガイド
してくださいました。「3人ともペーパー通訳案内士です」と言っておいたので、最後の茶店では業界の話も伺えました。

やまがさ
「山笠があるけん、博多たい」(地元の人にはわかるネタ)

石庭
博多って、私からすると、海に行くか、ショッピングに行くか、野球観戦に行くか、というイメージしかなかったので、
今回の街歩きはとても新鮮でした。にぎやかな街の裏通りには閑静なお寺がたくさんあって、昔ながらの雰囲気が残っていました。
ちょうど博多山笠の準備期間で、そろいの浴衣を着た若い衆のみなさんがぞろぞろと歩いておられ、カッコよかったです。

DSC_0438.jpg
博多織の工房にも入らせてもらいました。はたおり機の向うに穴の開いた型が見えますか?手前の糸は絹糸で、少しでも緩むとだめで、糸を並べるだけでもとんでもなく時間がかかるそうです。

改めて日本の文化は素晴らしい・・。

ミスター・レジェンドは、このルートをもう90回ガイドしてるとか。こういう街歩きだけでなく、10日間長距離バスの旅にも同行されるらしい。引き出しをいっぱいお持ちです。「面白いこと言って笑わせたる!」ではなくて、とても自然体。そこがいいなぁと思いました。

それにしても2時間ずっと英語でガイドし続けられる、まずはそこから、だよなぁ。





2016_04
15
(Fri)12:34

熊本の地震

ご無沙汰しているうちに4月も半分過ぎ・・(;'∀')
日々「やらなきゃいけないこと」をこなすことで過ぎております。

娘は予備校生となり電車通学中。元気なのが何よりです。朝、洗濯物を干してから行くようになりました(成長に拍手!)
そうなると、お弁当も頑張って作ってあげたくなります。
お弁当作って7年目。来年からは息子の分も増えます。こうして実母がいろいろ頑張ってたんだなーと思い知るわけですね。

obento

昨夜、スマホがけたたましく鳴ってすぐにすごい揺れが!!しかも長い!!そしてその後に余震が何回も・・。
こんなに怖い思いをしたのは久しぶりです。
テレビをつけると、熊本がたいへんなことになっていました。
実は今日二度目の下見に行って、ガイド研修の準備をすることにしていました。準備も大詰めで、毎日仲間たちとグループメールで進捗状況を確認し、4月終わりのツアーまでカウントダウンが始まっていたのに・・。

kumamoto castle
(ライブドアニュースより)

もちろん今日の下見はキャンセルになり、研修ツアーの行先も変更になりました。
先月末訪れて、改めてその壮大さに感動した熊本城が、屋根や塀が崩れ、隣接する細川刑部邸もダメージが大きいと聞き、大変ショックです。
なにもない日常のありがたさを昨日からひしひしと感じています。
熊本には友達も親戚もたくさんいます。日常生活が早く不自由なく送れるようにと思い、できることがあるならお手伝いしたいと思います。