2015_08
29
(Sat)14:20

PRIDE!

邦題は、「パレードへようこそ」



いつもの名画座に観に行きました。
1984年のイギリス、サッチャー首相が辣腕をふるっていた頃。
政府と戦いストライキを続ける炭鉱の町の人々と、LGBTの人々の交流を描いた作品です。

今でこそ同性婚が認められ、LGBTという言葉も認知されてきたけれど、その30年も前のこと。
Lesbian and Gay Support Miners という超ストレートな団体名で支援を名乗り出ても、どこの炭鉱組合からも断られる彼ら。
ちょっとした手違いで、ウェールズのある炭鉱町を支援することになるも、偏見は根強く・・。

登場人物が誰もみんな魅力的で、それぞれにストーリーがあるのがよかったなー。
どの俳優さんもどこかで見たことあるのよ。

PRIDE.jpg

ゲイのリーダー、マークと、炭鉱組合のリーダー、ダイが人間的にとても素敵だったな。
ダイのスピーチはとても感動的でした。
あと、炭鉱町のオバちゃんズのパワーがスゴイ!
劇中で流れる、デュラン・デュランや、カルチャークラブが当時の自分の記憶まで呼び覚ましてくれます。
あと、私は「イギリス」、って一緒くたにしがちだけど、ウェールズとイングランドの問題もチラッと描かれていました。

あの頃のイギリスの行き詰った感じと、エイズ大流行の兆しに追い詰められる同性愛者たちの心情を描きながら
1985年のLondon Gay Prideの大パレードの素晴らしいラストシーンまで、飽きることなく引き込まれました。

いいなーと思ったセリフを暗闇でメモ。(これは英語のメンター、Emiさんのまねっこ(笑))

"Have some pride, because life is short."

"When somebody calls you a name, you take it... and you own it."

"A clever and promising soul with a first class mind."


確か今週からはこの作品が上映されます。楽しみ♪
スポンサーサイト
2015_08
20
(Thu)23:59

オンラインの先生に学ぶ

気が付くと、お盆が過ぎ、夏休みが終わろうとしています。
今年の夏は、しんどかったー・・・

出勤前と帰宅後と、ほとんど座る時間がないのね。
いっつも何かに追われてて、やらねば、買わねば、が多くて、焦ってる時にケアマネさんから電話があったり、
子ども関係の用事ができたり・・・。Gちゃんやオットに用事を頼まれたり・・。
「自分のこと、なんもできてないじゃーーーん!!!」て、キーって血圧上がる・・。

そんな中、週末中心に受講中のオンラインレッスン、現在計925分。
毎日やらないともったいないけど、そんな気力体力はありません(-_-;)

毎回思うのは、オンラインの先生たちってすごいってこと。
最初のレッスンで「いいな」て思われないと次がない。
いつも笑顔で、こっちを引っ張ってくれるし、時間内にアクティビティもキチッとこなし、25分たったら終了。
私も教える仕事してたけど、最初にインパクト!で掴みはオッケイ!!てタイプでは全くなく、愛想もない。
先輩の先生から、「キミはスルメだなー。」と言われました。
あのー、干からびてるって意味じゃなくて(爆)、噛んでるうちに味が出て美味になる・・ってことですよ(;・∀・)。
でも、そんなタイプじゃオンラインレッスンの先生には絶対なれない。
「お気に入り」の数字もレッスンの感想も、誰からだって見られるし、レッスン予約状況を見ると、
「この先生、全然予約が入ってないよー・・・。」てのもバレバレで、シビアーですよね(-_-;)

今は上級ディスカッション教材やってて、その場でsummarizeのタスクがあるのですが、これが苦手で・・(-_-;)
ある先生は、レッスン後に自分がsummarizeしたものを送ってくれるので、勉強になります。
あとは、話すスピードがすごい早くて、頭の回転も速くて、容赦のない先生、私と同年代で、明るくて楽しい先生、
のローテーションで受講しています。
先日はあまりに疲れてたんで、同年代先生と世間話しました。
フィリピンのマックにはトマトソースパスタがレギュラーメニューであるとか、フィリピンでは、いろんな国のドラマが
視聴可能だけど、先生のお気に入りは「仁」「HERO」「のだめ」「半沢直樹」であること(笑)、韓流ドラマは回数が多くて
記憶喪失と登場人物の突然の死が多いとか・・。寝る前に大いに笑って楽しかったです。

ところで、先日、英語仲間のVibrant RoseさんとSkypeでchat meeting。
オフ会九州支部、来年の夏に博多駅周辺で集合しませんか??という大阪の主婦さんのところで盛り上がった話を
実現化させるべく、準備しましょう、ということに。
主婦さんの親友まめさん、いんこさん、私たちのそれぞれのブログ仲間、九州出身・在住者、その他参加可能な人を集めて
英語に関するお話ができたら楽しいでしょうね!それぞれ自己紹介と出し物用意して。
というわけで、興味がある方、まだまだ1年先の話ですけど、参加表明、お問い合わせください♪

本日の画像は、山の中のお蕎麦屋さん。
ちょっと息抜きしてきました。
DSC_0024.jpg



2015_08
10
(Mon)00:01

同時通訳者の頭の中

ラジオでバイリンガルのパーソナリティが、

世界中で一番全身の筋肉を使って話すのが英語、
逆に一番筋肉を使わなくていいのが日本語
、 ていう話をしてて、興味深かったです。

確かに数年前「なんば走り」とか「日本の古武道」とかは、力を抜いて相手に勝つ、とかで話題になりましたね?
日本の文化にはそういう根っこがあるのかもですね。

で、バイリンパーソナリティが言うには、

英語のS、Zなどは、日本語のす、ずと比べて10倍ぐらい力が入ってるはず。
R、Lの発音うんぬんの前にSとZを練習した方がいい。
例えば、"fast"のSの音が小さくて、"fat"に聞こえてしまい、ネイティブから「は?」とか反応されると、「ああ、私の発音が悪いから通じないのね、自信がなくなるわー」ということも起こってしまう可能性が日本人にはままある、そして声がどんどん小さくなってしまう
、ということでした。なるほどー。

大きな声でハキハキと話すのが大事なんだな、とはわかっているものの、ついつい日本語式の省エネ喋りになってしまいがち、
筋肉を使わない方向へ行ってるんだなーと反省。
あと、最近感じるのが「耳の衰え」(爆)。年取ると、だんだん何かの音が聞こえづらくなるんですって?
私は地獄耳を自負してたんだけど、最近聞き取れないことが増えて、まあ余計な雑音が聞こえなくて楽っちゃ楽なんですが、
語学学習者としてはヤバいですよね(汗)

ところで、娘が赤本を買うというので本屋に行ったときに見つけた本。昨日今日で半分読んでしまいました。

あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中
あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中関谷英里子

祥伝社 2013-03-27
売り上げランキング : 41519


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ウィキに載ってた、関谷英里子さんの経歴・・。
父親の仕事の関係で、6歳から9歳までをイギリスで過ごす。慶應大学卒業後、伊藤忠商事繊維カンパニーに入社しブランドマーケティングを担当。日本ロレアルにてプロダクトマネジメントを担当。独立後、日本通訳サービスを設立し、同代表に就任。

で、入門ビジネス英語の先生が今年度違うなーと思ってたら、関谷さん、スタンフォード大に留学中らしいです。

本の中で、「自分は帰国子女とは言え、英語を勉強したのはほとんど日本で」ということで、いろんな勉強の仕方を紹介されていたのですが、とても参考になります。
同時通訳者として大切な「イメージする力」をつけるには、リテンション(一文を聴いてから、聴こえたものをそのまま繰り返すこと)
パラフレーズ(聴いた内容を別の言葉を使って表現すること)が役にたつこと。
「予測力」をつけるには、たくさんの英文に触れる必要があるが、日本語版を読んでから英語版を読む、というスタイルも、予測力をつけるのにはぴったりであること、もっと早く予測力をつけたいなら、類語辞典と英英辞典を「読む」こと、(関谷さんは「辞書クルージング」とおっしゃてます)などなど。
コツコツと地道に努力されている姿が垣間見られ、ラジオの時の印象とはまた少し違う気がしました。きっと長ーくあちらで生活されて、何事にも自信に溢れてらっしゃるんだろうと勝手に思ってましたので・・。

それから、「ビジネスで使う数字、といったら1000以上の数字は兆くらいまではすんなり英語で言えるようになりたいものです。」
てところにドッキリしました(;・∀・)
まさに、先日急に通訳する必要が生じた時に、「320億円」(しかもドルに直す必要あり)に慌てまして(◎_◎;)
日本語でも数字にはたいへん弱く、これは喫急(※喫緊の間違い。後日ご指摘いただきました。ありがとうございました<(_ _)>)
の課題であります。

「数字は、日本語ではゼロ4つ、英語ではゼロ3つの単位で進みます」という解説とともに、数字の換算表が本書に載っていたので、コピーして持ち歩こう・・。

さて、今日のおまけ画像
00100001.jpg

00110001.jpg

昨日の地区の夏祭り、「今年も!!」揚げタコ担当で、おまけにホットドッグまで(-_-;) 今年も油地獄3時間強。ギトギトです・・。かき氷や、ジュースなどの涼しいセクションは老人クラブの担当です(爆)
なんで夏ってイベントをやたらにぶち込まれるんですかねー。先週から、イベントの動員と会議続きでヘトヘトです・・。
実は今でも右手の親指が痺れてるんですよねー(危ない?)。では、またー。