avatar image

気づきの夏

・・・もう夏休みのまとめに入りたいという気持ちのこもったタイトル(苦笑)・・・今日の日記は長いです。

以前、青山静子さんの本を読んだ時、「勉強が佳境に入ったときは、あんパンを冷凍させて、それを昼ごはんにしていました。食事を作る時間も食べる時間も惜しかった。」というような箇所があって、すごくそれが記憶に残ってます。

子育て主婦の英語勉強法―英語は女性をこんなにきれいに変える子育て主婦の英語勉強法―英語は女性をこんなにきれいに変える
(2002/04)
青山 静子

商品詳細を見る
(注:それが書いてあったのは、「主婦たちの英語奮戦記」です。"no image"だったので、すみません。)

私も昼ごはんはおにぎりでいいんですけど・・・


夏休みは親子にとっても大事な時間だというのに、私はつい自己嫌悪に陥りがちです。

今年は特に、子どもたちが自立のための準備期間に入って来ているのに、自分がその準備ができていないというストレスが増えました。親から離れて行くために必要な反抗期・・頭ではわかってるんですけどね~。

お互い辛辣になって、きつい言葉を吐いてしまったりした後、

ちょうどラジオで元オリンピック女子ソフトボールチームの監督、宇津木妙子さんが、
「決勝の、とても大事な場面で日本の選手がエラーをしてしまい、負けた。試合後、閉じこもってしまった選手に『お前のエラーで負けたんだろ!』と言ってしまいました。この選手は、今でもキャッチボールができないままです。言葉って怖いです。』というお話をされていました。

管理的になって、口うるさい自分に自分でも嫌気がさしていた時、

ラジオで城山三郎さん の昔の講演が放送されてて、
「教育と飼育を間違っている親が多い。」
「自分がいちばんくつろいでいられる場所のことを"home"と言うんです。でも"home"がない子がたくさんいる。」

・・・メッセージって必要なときに降りてくるんですよね?

深呼吸して静かに接してみることにしました。自分が逆の立場だったら、やっぱり嫌だわ。
それから、いろんな経験をしてきた人のお話を聴いたり、日本語の本も読みたいなと思いました。

勉強しなきゃ!でも進まない!という焦りやら、今まで気づかないふりをしてきた、自分の中の山積みのゴチャゴチャ、加えていつでも「おかあさん」と、まとわりついてきた子どもたちが離れていく悲しい予感。

いろんな気持ちに向き合わざるをえなくって、そこから気づきをたくさん得た夏休みです。

昨日今日の学習
English Cafe ・・・ 勉強会に参加。show and tellは、「ストレス解消」 英語カラオケに行こう!という話が浮上。近々研修と称して行く予定(笑)
TIME ・・・ My clutter reveals my true self. My wife's clutter reveals shoes.など

今日は庭掃除と読書感想文(息子の)で疲労困憊。小学生男子から感想を引き出すのは難しいよ~~。 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • Ryoko
  • URL
No title

「教育と飼育を間違っている親が多い。」

ってのに引っかかりました。教育は何となく分かるんですけど、飼育っていったいどんな家庭の事を言ってるんでしょうか?また家で教育がいいと言ってるのか、それとも飼育がいいと言ってるのか...飼育はやっぱり動物だから動物扱いしない教育ですか?

それがくつろげるhomeにどうつながるんだろう...って悩んでしまいました。教育も飼育もくつろげない気が。でも人間としての躾を教育とよべば、教育の方がいいのかな?なんて頭をひねってますi-229

子供達が大きくなってくると問題も複雑になってきますね。私の友達も子供がもうearly teenにさしかかってきて...生意気だし!って嘆いてます。だんだん1人の人間としてお互いの意見を尊重し、その中でお互いを受け入れて理解していくって大人同士の関係に変わっていくものなんでしょうね。子育てを始めたばかりの私にはまだまだ先の事に思えますが、でも先輩ママ達の悩みを聞いて勉強になります。

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

Ryokoさん、

長い講演をはしょりすぎて、自分だけわかってる文になっちゃってましたね、反省反省e-351

「飼育・・」の前に競馬馬の話があって、競馬馬ってものすごく血統のいい馬同士をかけあわせても、優勝できる馬はひとにぎり・・ということから始まって、血統のいい競争に勝つためだけの馬を育てるような子育てをしていませんか?人としてどうあるべきか、どう生きていくのかを教えるのが教育であって、そのことを忘れないで欲しい、と言うことがおっしゃりたかったようです。
競馬馬を育てるような環境では、子どもたちはくつろげません。家族が仲良く、子どもが外で傷付いてきても安心して話ができるようなhomeをつくってあげるのが親の務めですよ・・と。
この講演は、昭和56年に録音された物と言われていたのですが、違和感なく聴きました。

こんなグチを聞かせてしまってごめんなさいねe-263 子育ては自分育てだって言い聞かせながら、悩みながら進んでいこうと思います。

  • Ryoko
  • URL
No title

説明ありがとうございます!!
なるほど、すごくいいお話ですね〜!いいお話ってのは... They never get old!!!
ものすごく勉強になりました。

私がよく聞いてるラジオ局が"unglued"というタイトルで女性の為のオンラインconferenceをやったので今朝見たのですが、子供や夫に対して"unglued"になる瞬間...どんな過ちを犯してるか、そしてどういう風に改善していけるかってお話がありました。ピッピさんもきっと「わかるわかる!」って感じられるだろうなって思います。ちなみに私も夫に対してこれやってるわ〜って思う事ありました。なんかこれを見ながらピッピさんのブログの事思い出してました。みなさん悩んでる事は一緒なんですね。

  • 梨リンゴ
  • URL
No title

宇津木さんの話といい、ドキッとする日記ですね。
我が家の1年生坊やは4日前から書き始めた絵日記がまだ未完成です…(-_-;)
今年こそは良い夏休みになったと思ってたのですが…。

競馬馬の話、そんな昔に録音されたものとは思えないですね。
私はたまに児童精神科医・佐々木正美先生の本を読んでます。単純な私はなるほど~と納得したり、あ~私はダメな親なんだと落ち込んだりするのですが、分かりやすくて良い本だと思います。思春期のことについて書かれてるものもあるので、オススメです!

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

Ryokoさん、

返信ありがとうございます♪
自分だけの考えでは視野が狭くなりすぎるし、堂々巡りになるから、機会あるごとにいいお話を聴きたいなあと思いますね。

その"unglued"興味ある~~。
ただグチを言うだけじゃなくて、どういうふうに改善していけるかって知恵を出し合うっていいですよね。
せっかくパートナーになったんだから、良い関係でいられるように努力はしていきたいものです。

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

梨リンゴさん、

> 我が家の1年生坊やは4日前から書き始めた絵日記がまだ未完成です…(-_-;)
> 今年こそは良い夏休みになったと思ってたのですが…。

この夏はたくさん、普段とは違う経験をされたのではないですか? 絶対心に残ってると思いますよ!
小学生男子って特に自分の思いを表現するのが、女の子に比べて未熟なだけで・・。

> 私はたまに児童精神科医・佐々木正美先生の本を読んでます。単純な私はなるほど~と納得したり、あ~私はダメな親なんだと落ち込んだりするのですが、分かりやすくて良い本だと思います。思春期のことについて書かれてるものもあるので、オススメです!

オススメありがとうございます!早速アマゾンでチェック! このような本を読んで、よくありたいと思っていらっしゃる時点で、素敵なお母さんだと思いますよ(^_^) お互い悩みながら頑張りましょうね~~!

  • Ryoko
  • URL
No title

ungluedのウェブキャストが見れるサイトのリンクです。

http://www.klove.com/ministry/unglued.aspx

もしリンクにつながらなかったら下のリンクから入って"unglued"のウェブキャストをクリックすると多分アカウントを作るように言われると思うので、それで見れると思います。

http://www.klove.com/

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

Ryokoさん、

いつもいろんなこと教えてくれてありがとう~~!! 絶対見ますよ!
取り急ぎ、お礼までe-266

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback