avatar image

鉄の女

語彙・イディオム問題集(旺文社)をやってたら、こんな問題が・・。

Tips for careless husband: Forget your wife's birthday? Then (      ) yourself by bringing her a bouquet of flowers.
 
1 retract   2 redeem   3 reconcile   4 renovate

I thought that a surprise gift might (        ) my wife, but it didn't make up for my suddenly canceling our anniversary dinner.

1 verify   2 rectify   3 fortify   4 mollify


・・・何でこんな問題だったら頭に入りやすいのでしょう(笑)? この二つ、並んで載ってるのがまたおかしい。


この方たちは、本当はどんなご夫婦だったのでしょう?

【映画パンフレット】 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 監督:フィリダ・ロイド キャスト:メリル・ストリープ、ハリー・ロイド【映画パンフレット】 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 監督:フィリダ・ロイド キャスト:メリル・ストリープ、ハリー・ロイド
()
ギャガ

商品詳細を見る


ちょっとだけ観るつもりが、一気に観てしまいました。サッチャー女史が首相当時のイギリスの映像も出てきて、私が子どもの頃って、大変な時代だったんだな~と改めて思いました。



ラスト15分は、今月の我が国の選挙を前に、痛烈な批判に聞こえたりして・・・

彼女はプロポーズに対して"I can't die washing up a tea cup. I mean it, Denis."と答えました。そして、鉄の女として戦い抜いた彼女の映画のラストシーンでは・・・

最後まで温かく優しかったサッチャー女史のご主人って実際はどんな人だったんだろう。興味が湧きました。
それから、今までイギリス英語、アメリカ英語って正直あまり意識してなかったのですが、イギリスの英語っていいなぁ・・と思いました。


昨日今日やったこと

実ビジ・・リアルタイムで聴けました。
英検問題集
World History 日本 など。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • 足立sunny
  • URL
タイトルのやうに

全くわからない当方は、おそらく英語落伍者でしょうね。しかし、ガシガシ勉強されていますね。
旺文社、高校以来縁がないのですが、英験のメッカなのでしょうか?

  • Ryoko
  • URL
NO TITLE

"I can't die washing up a tea cup. I mean it, Denis."

というセリフを聞いて彼女が言わんとする事が全然つかめないのですが、
イギリス独特の言い回しなのか彼女の背景にこのセリフを理解できる説明があるのか...って考えさせられました。アメリカとイギリスの英語ってホント違いますよね。使う単語やイディオム、言い回しなどお国柄がでるなって思います。私個人はアメリカ英語の方に慣れてるのでイギリス英語にはやっぱりちょっと距離を感じます。

ところでサッチャー役のこの女優さん、ディビッドがいつも「彼女はどんな役柄もこなせるすごい女優なんだよね〜」って話します。確かにいろんな映画に出てて、映画によっては同じ女優さんだって分からないような違う役柄をされててすごいな〜って思います。

  • ピッピ
  • URL
Re: タイトルのやうに

足立sunnyさん、

こんばんは!!昨日ブログにおじゃましました~。写真も多くて読み応えありますよね~!!

> ガシガシ勉強されていますね。

してるように見えるだけかも・・・。('_') 私の場合、「歩留まり(?)」が少なくて、(単に年齢のせいではないと思われます)入れ続けることが大事なのですが、怠け者ゆえ・・。

> 旺文社、高校以来縁がないのですが、英験のメッカなのでしょうか?

やはりそうみたいです。テキスト高いな~~って思います。(涙)またsunnyさんとこに遠征しますね~。

  • ピッピ
  • URL
Re: NO TITLE

Ryokoさん、
> "I can't die washing up a tea cup. I mean it, Denis."
英語字幕が出ないDVDだったので、音と日本語訳からしか判断できないんですが、

彼からプロポーズされたマーガレットが「私は茶碗を洗って人生終わるような女じゃないのよ。」という場面です。これから政治家としてバリバリ頑張っていこうという決意があって、それでもよければ結婚するわ・・という彼女に、彼は「ヘルパーを雇うよ。頑張れ。」と言うわけです。

メリル・ストリープはホントに怖いくらいすごいですね。「マンマ・ミーア」で激しく踊ってたかと思えば、今回高齢になった英国首相に扮し・・後ろ姿とか本当に老婆です。ブリティッシュイングリッシュもだいぶ練習したんでしょうね?

  • tea,
  • URL
NO TITLE

うわぁ、見たい!!!!!

私がイギリスにいた時に、サッチャー政権が終わり、
湾岸戦争が勃発し、ついでにベルリンの壁も崩れました。
「歴史の中に生きてるなぁ~」「日本に無事に帰れるんだろうか?」
そんなことを真剣に心配していました。

メリル・ストリープは本当に素晴らしい女優さんですよね。
ブリティッシュ・イングリッシュも普通に聞こえますし。
「ジュリー&ジュリア」では、フランスで頑張って暮らすアメリカ人で
ちょっとフランスなまりを取り入れたような米語もチャーミングでした(*^_^*)

  • サミアド
  • URL
NO TITLE

鉄の女、見てみます。えっと今度のレンタル半額日はいつだったけな、確認確認。

日本では「茶碗」、イギリスは「tea cup」ですか~。同じようなこと考えるんですね。

うちの子たち風邪で二人とも学校休んでます。インフルじゃなくて良かった。
寒いから気をつけてくださいね。では♪

  • ピッピ
  • URL
Re: NO TITLE

tea,さん、

見てみて!!

> 私がイギリスにいた時に、サッチャー政権が終わり、湾岸戦争が勃発し、ついでにベルリンの壁も崩れました。

おお!!歴史が大きく動いたときにヨーロッパにおられたんですね!ベルリンの壁が崩れるのをテレビで見ながら、感動したの覚えてます。

メリル・ストリープの「ミュージック・オブ・ハート」もいいですよ。教科書に載ってました。
「ジュリー&ジュリア」ってtea,さんがレシピ紹介の記事を書くときよく出てきますよね?まだ観てないので、次回挑戦します♪

  • ピッピ
  • URL
Re: NO TITLE

サミアドさん、

> 鉄の女、見てみます。

ぜひ!ウィキで見たら、サッチャー女史はもともと化学を学んでたんですね。多才だわ・・。

> うちの子たち風邪で二人とも学校休んでます。インフルじゃなくて良かった。
> 寒いから気をつけてくださいね。では♪

お気遣いありがとうございます♪ インフルじゃなくて良かったですね。今は、ノロとかも流行ってるみたいだし、お互い気をつけましょ~~。
ところで、「kindleほしいな~」って今日思ってたら、さっき「密林」からメール来てて「クリスマスプレゼントにkindleどお?」って内容だった!!「密林」はテレパシーもあるらしい・・。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback