2013_05
14
(Tue)11:12

脳ミソ系

もともとひどい肩こり症なのだけど、あまりにひどくて息も苦しい状態。
孫悟空がお釈迦様からこらしめられる、あの頭の輪っか、何でしたっけ、あれで締められてるような頭痛。
ゴッドハンド先生にお世話になったけど、まだ回復せず。更年期障害や自律神経失調だったら
心療内科がいいんじゃないって友達に言われて行ってみました。
様子見に軽いお薬をいただいたのですが、脳ミソ系のお薬ってなんか怖い・・。操られてる感じがする。
確かにのむと肩から上の方はかなり軽いです。QOLを上げて、回復を目指すってことらしいです。

天海祐希さんが突然の病気で舞台を降板されたニュース、40代にはかなりショックだったはず。
まあ、天海さんのようにストイックに努力を続けて、常にプレッシャーに晒されている大女優と、自分を一緒くたにするのはかなり失礼な話ですが

脳ミソと言えば、

英検一級Listen and Speak (クリック可)
英検のHPから入れます。ポッドキャストありで、今回は2012年の長文問題。
バイリンガルはアルツハイマーの症状が出るのが遅れるという話でした。(以下抜粋)

A team at the Rotman Research Institute in Ontario, Canada studied the records of 200
patients diagnosed with Alzheimer’s, about half of whom were bilingual. They found that
symptoms emerged on average four to five years later in the bilingual patients.
The leader of the team, Ellen Bialystok, stresses this does not mean the bilingual patients
got Alzheimer’s later. What is happening, she says, is that bilingual patients are better at
dealing with the effects of Alzheimer’s and continuing to function normally.


アルツハイマーにならないとか、かかるのが遅いというわけではないですが、
母国語以外の言葉を話すのは、脳にいいんでしょうね。

このところの英語
100時間大特訓復習
essayのレッスン
記事読み 

DSC_0152_convert_20130515133558.jpg
・・・英語学習のブログだったはずですが(^-^;)
まあまあ・・。慌てない慌てない、ひとやすみ、ひとやすみ。(一休さん)





関連記事
スポンサーサイト

コメント

 こんにちは。天海さんのニュース私もショックです。心筋梗塞でしたっけ?うちは脳梗塞の家系なんで普段からなんとなく不安でしたが、年齢の近い方の話を聞くとますます・・・・
 頭が締め付けられる様に痛い時はストレスだっていいますよね。
 私も元々頭痛持ちではなかったのに苦しんだ時期があって、どの医者にかかっても「二人の小さい子供がいるなら、ストレスですね、きっと」と診断されて、
 「あたしは子育てが楽しくて仕方ないのよ!余裕しゃくしゃくなんだから!それなのに子育てによるストレスだなんて、ふざけないでちょうだい!」と心の中で叫びながらも、あまりの苦しさ(ホント、悟空のような気持ちでした)に anti-depression タブレットを渡されて帰ってきました。
 何度か飲んだのですが、頭も軽く感じるし(考えることをやめてしまう)、足元までフワフワしている感じがして怖くて服用をやめちゃいました。私のは相当強い薬だったみたいだから。
 その後は肩こりをほぐす薬?だったか血行をよくする薬?だったか(すみません、よく覚えていなくて)を飲みました。

 なんとなく薬を飲みなれていないと抵抗を感じますが、医者の友達を始め、周りが薬を飲んで回復に努めることにものすごく肯定的だったことが印象的でした。
 きっとピッピさんも心配しないで服用して大丈夫ですよ。

 ちなみに子供たちが二人ともフルタイムで学校に行き始めてからは体調もすこぶるいいので、あれだけ頑固に否定していたけれど、やっぱりストレスだったのかなぁと思いだし苦笑することもあります。

 バイリンガルとアルツハイマーの関係、興味深いですね。長年海外ですので「最近は英語で考えているような気がする」と自負していたのですが、今娘のバレエのために私までフランス語の特訓を受けているのですが、3か国語は無理だと思い知らされました。どうしても英語を飛ばしてフランス語から日本語へ脳内変換されます。

2013/05/16 (Thu) 06:45 | hinajiro | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

hinajiroさん、

> 医者の友達を始め、周りが薬を飲んで回復に努めることにものすごく肯定的だったことが印象的でした。
> きっとピッピさんも心配しないで服用して大丈夫ですよ。

ありがとうございます。お医者様たち自身も仕事のストレスなどから、このような薬は飲みなれておられるようです。確かに痛いと前向きな思考ができなくなるから、すべてが悪い方向へ・・(^-^;)

hinajiroさんは、あちらで出産育児をされたんでしょうね。相当タフだと思います。
「フルタイムで子どもが学校に行き始めてからはすこぶる調子がいい」ってわかりますよ~。子どもの長期休暇が終わったらほっとしますもん。

> 今娘のバレエのために私までフランス語の特訓を受けているのですが、3か国語は無理だと思い知らされました。どうしても英語を飛ばしてフランス語から日本語へ脳内変換されます。

娘さんのバレエのためにフランス語ってすごいですね!芸術系は何にしても本格的にやるにはやはり本場の言葉を理解しなければいけないのでしょうか・・・。親子そろってトリリンガル!!

2013/05/17 (Fri) 12:23 | ピッピ | 編集 | ピッピさん">返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック