2012_02
15
(Wed)16:28

英会話上級

とくに受けそうなネタはないのだけど、いちおうこのブログの主旨として、
「英語学習のモチベーションを保つ」・・と掲げているので、アップしてみる。

このごろの自分、あちこちに目が行って欲張りすぎ。
もっとやること絞って、計画をちゃんと立てて勉強しないと、ただやってるだけの自己満足の世界。

若い頃はいつか素敵な自分になるのであろう、という甘い認識のもと時間を浪費してしまったけど、この年齢になると、現実感だらけの日常にいろんな足かせが増えて、焦るばかり。焦ると何事もじっくり取り組めなくて負のスパイラル。

・・グチを吐き出しに来たんじゃなかったわ    やることを整理しなくては

1.実ビジをしっかり活用する。 勉強会で使うことになって、今キッチンにビニェットを貼って料理しながらブツブツいってるところ。まだまだ「私には敷居が高いわ~」という苦手意識がどこかにある。好きになりたい。

2.週1回のEssayレッスン。先生は同じ課題でエッセイを書いてきて下さる。いつ読んでも、シンプルでスッと読める。単語も「ここでこの語を使ったから、それと関連させてこの段落ではこんな単語を使ってみました」とか言われる。構成が緻密。自分の文がいかに日本語に引きずられてボテッとしているか毎回落ち込む。すごくいい勉強をさせてもらってるから、もっと活かしたい。

3.記事読み 最低1日に一本はニュースを読む ホントは一本じゃ足りないんだろうけど。今日はJapan Timesから今、あちこちでホットな「The Girl with the Dragon Tatto」の記事を見つけて、読んでみた。エンタメだから読みやすいかと思ったが、単語がハンパなく難しくて泣きたくなる。

4.寝る前、ちょっとでもペーパーバック 今読んでるの、あと60ページ。終わったら、ちょっとヒットしたやつとか買ってみよう。

5.家事をしている時はリスニング どうも映像があるとダメなタイプらしい。好きだけどDVDでの映画などはこのごろご無沙汰。

これにオンラインレッスンをどう組み込むか。今、すごく話せるようになりたいと思う。たぶん、いろんな知識をいくらか入れてきたから、出したくなったんだな(と、相変わらず自己分析) 

車の中で聞くのはこれ


英会話上級

2005年、英語モードになったときに買って、通勤中に聞いてたけど、あれこれ心配事の多かった頃で、あんまり身になってなかった。もったいないことしてたな。久しぶりに聞いてみて、とても新鮮 マーシャ・クラッカワー先生。 2006年は遠山顕先生だった。おふたりともハリのある、いつもハッピーな声が好きです。

・・・・やっぱり欲張ってるかな。 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック