--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_06
21
(Sat)01:09

大学入試の英語

子どもと久しぶりに真面目に英検やら進路のことを話していた時のこと、
「大阪外大って、大阪大学の中に併合されたんだってよ」

・・・調べてみたら2007年に大阪大学外国語学部になっていました。
あらー・・知らなかったー。(;^ω^) そういう方面に進む生徒さんとはご縁がなく・・。
高校時代のクラスメート(男子)が外大に行って、波乱万丈な学生生活プラス卒業後の人生を送っていましたが、
一度きりの人生、そういうのもアリかなーと。ちょっと日本人離れした感じで楽しそうでした。
「外国語大学」ってどんな感じなんでしょ?全然他の学校とは違う気がします。
ところで、併合された後、何か変化はあったのでしょうか。

さてさて、数日前にNHK「おはよう日本」で、大学入試(英語)改革のニュースがあっていました。
千葉の県立高の先生、早朝の補習でがっつり英文法をやって、授業はとてもコミュニカティブでした。
入試改革の小委員会の様子も放映され、有名な大学の先生たちがチームになって議論をされていました。

以下内容をまとめてみました。

”グローバル人材を” 変わる英語教育
6年後の東京オリンピック・パラリンピックまでに国は海外からの旅行者数を今の2倍に増やそうという計画である。
このような背景もあり、文科省は英語を聞く、話すに力を入れて実践的な英語が身につく教育に転換しようとしている。

全国の高校で原則英語の授業は英語で行われることが求められるようになった。生徒たちも積極的に英語を話すことが求められる。しかし、大学入試の出題バランスは読むと書くが合わせて98%を占めていて、聞く力を問うものは2%、話す力に至っては0%。文部科学省の有識者会議では、このギャップを埋め、話す力を問う入試にしようと検討を始めている。
英検、TOEFLなどの外部試験を活用し、試験の成績を大学に提出することで合否を判定、複数回受けられて生徒のチャンスを増やすことが検討されている。来年から外部試験活用する動きもあり、複数の私大などが導入を検討中・・・。

国は2020年までにすべての児童生徒にタブレットPCを持たせる計画だと、以前ニュースで見ました。
どちらも時代の流れ、対応しなければならないことと思います。

が、何度も言うけど(くどくてごめん)、
一クラスあたりの児童生徒数は減らすつもりはないのでしょうか????
教育効果を上げるにはまずそこ!だと思うんですけど・・・。
例えば40名→20名になったら、自分の場合、今よりいい授業ができるんじゃないかと思ってます。
30年以上前に高校生だった私、一クラスの人数は40名でした。・・・今も40名のままってすごくないですか?

話は変わりますが、

・・・やってしまいました(ふたたび)。
片道30分運転して病院に行ったら、財布を忘れてて。
二往復しました(涙) 
病院の先生に「私、ヘンですよね???」って今朝の花子と同じセリフを言ってしまいました(爆)。
「・・・いろいろ考え事が多いからじゃないですか?」って先生は苦笑いされてましたが・・。
この段階でボケは勘弁だよ~~~~~

このところの英語
記事読み(Japan Times) 例のセクハラヤジの件を中心に(爆)
PB(225/275ページ)
Advanced 1000続けてます。
今日は英会話でした。「動物と人間、パートナーをひきつける場合の類似点相違点」についてCritical thinking。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

頑張ってすきま時間をTOEICにあてられない、大阪の主婦です(大汗)どうも。。。。
7月に入ったらもっと切迫感でがんばれるかも(汗)
900の道のりは険しい。。。。

大阪外大はたしかに阪大に組み込まれましたね~。娘さんうけるのん!!!!

キャンパスは昔のままで箕面市にありますね。結構山奥よ~(汗) 中心部梅田まで出るのに、一時間くらいかかるんちゃうかな。。(汗)

阪大キャンパスは吹田市。

で、内部事情を一度聞いたことがあるのですが、あくまでも一意見だけど、阪大でだんなさんが人間科学部の教授をしているっていう奥さんにきいたわけで、
なんといっても、あとから併合なわけで、教授陣の分断は否めず(汗)

やはり吹田キャンパスで幅を利かしているのは 阪大文学部の教授のほうだとか。。

まあ、キャンパスが別なので学生が何かを感じることもないんちゃうかな。

支援学校のママの語学仲間のひとりが大阪外語大出身ですが、「切れます」(爆)
頭いいです。 学生のうちに英検1級とってはる。

が、その後、就職は全日空のすっちーとなり、 整形外科ドクターと結婚し退職。その後息子さんが生まれたけど障害があって。。。という流れだったなあ。

日本の英語教育はどこへいくんだろ。。(汗)

やっぱり娘(小学5年)に英検受けさせていってた方がええかなと思ったわ。。。。

2014/06/21 (Sat) 18:56 | 大阪の主婦 | 編集 | 返信

外語大あこがれでした。でも遠くに出してくれるだけの余裕が実家になかったし、反対を押し切って自力でやる根性も受かる実力もなかったんですけど(^_^;)
田舎にいると子供が一流大学に入るということは都会以上に凄いと思われるだけで、本人や家族にとっては「一族の誇り」みたいです。そんな風に見事誰もが知っている有名大学を卒業した人もいれば、幼児期から医者になるべく教育を受け、遠くの進学校に行き、誰もが医者になっているんだろうなと思ったら水商売をしていたり波乱の人生の人もいます。どちらも本人が幸せなら素敵なことですよね。愚痴りながら生きているなら前者のような人生も幸せと言えるのかどうか。

日本の英語教育はどうなるんでしょうね。英語ができなきゃ世界で活躍できない、会話力を!と政府がいう一方で、留学はもちろん英語なんて必要なと思う学生もいるわけですよね。高校で英語オンリーでの授業は成立するものなのでしょうか。進学校ならまだしも卒業できれば御の字って思っている子供たちはついていけるのか。そもそもそういう学校で先生たちも英語でやる気があるのか。会話っていいますが、文法も大事ですよね。将来的に世界を舞台に仕事をするような人はきちんとした英語を話すことが必要とされるわけで、そのためには文法もきっちりやらないとダメですよね。ネイティブと楽しくコミュニケーションを取れる、旅行先で困らないようにするのが目的なら、単語並べるブロークンな英語でもOKでしょう。ネットでお役所のHPの英語がひどいって話題になっていましたっけ。

私は財布はいつも同じバッグに入れているので忘れることはないのですが、人の名前が浮かばなくなってショックです。

2014/06/22 (Sun) 12:12 | ポリアンナ | 編集 | 返信

私は先日出かけた時に、車と家のカギがかかってるキーチェーンをなくしてしまい。。。一緒に出かけた友達が運転してくれて探しまわったのですが見つからず、カギがないので家にも入れず、夫が会社を早退して帰って来てくれました。バッグは5回ほどチェックして見つからなかったのですが、なんと夫が私のバッグをサーチしてカギを見つけてくれました。あれだけ大騒ぎしてバッグの中にカギがあったとは!!穴があったら入りたいってこういう事を言うんですね(^^)

英語での授業なんですが、きちんと流暢な英語で授業をできる先生達は充分にいるんでしょうかね?そっちの方が気になります。ポリアンナさんがおっしゃるように、流暢な英語を話すという事はきちんとした文法で話せるという事でもあります。私が学生の頃の英語の先生達はたとえ文法を知ってても会話となるとbroken Englishでしか話せない人達ばかりで。。。今はもっと流暢な先生達がいらっしゃるんでしょうかね?

2014/06/22 (Sun) 13:53 | Ryoko | 編集 | 返信

うまくいくのかなぁ、、、、

英語の先生にとって、しんどい時代が来ちゃったなぁと思うのは私だけ?俄然ヤル気が出たぜ!って先生も多いのかな?
コミュニケーション重視でクラスの人数は減らさない、ということはそれだけ授業に参加するチャンスのない生徒を生み出すことになり悪循環だと思うんですけどねー。
私は英語だけの授業には反対だなぁ。せめて希望者の選択クラスだけにした方がいいと思うんですけど。
私の高校では英語だけで授業した先生は数ヶ月間ボイコットされてましたよ。窓からほとんどの生徒が抜け出して楽しそうに裏の堤防を駆け上がっていた姿が今でも目に浮かびます。田舎のしょーもない高校での話ですが、別のクラスで英語が得意だった私でも「そりゃ勘弁だわ…」と思いましたもん。
せめて目的を絞って欲しいですね。コミュニケーション力を重視するということで、発音は二の次!くらいに考えて先生全てに発音の良さを求めるのは辞めて欲しいなぁ。
小学生の時に綺麗な発音で英語を習って来ていた子供達も、2年間私に習うとすっかりカタカナ英語を話していたという苦い思い出が(笑)
単純にしか考えていないですけど、ABCは小学校で固めて、文法をしっかり中学で習って、高校で読解とコミュニケーション重視で、大学入試問題は実際会話に使える文法問題、読解、コンプレインレターを書くとか自己アピールを書くなどの実用的なエッセイー問題プラス軽く面接、なんてどうでしょうね?

一方では、その流れだとうちの子供達の出番かなぁ、なんて希望もでたりして。
チラッと聞いた話だと日本の国籍を持っているとAETにはなれないそうですが、英語だけの授業となると現場の先生にだけ頼ると負担は半端じゃないですよね。今後公立校でも英語に特化した講師を取り入れていくことになりそうじゃないですか?
うちの子は基本、英語が話せるだけで、全体的な学力や知識は日本の子供達に比べて乏しいので、このままの状態で日本に移住するのは厳しすぎる。だからそういった方面で日本で何かしら道が拓けると助かる!
ちなみに息子は学校でフレンチとスパニッシュを習っていますが、やっぱり30人学級です。どれだけ身についているかは謎。先週の抜き打ちテストで満点をとったそうですが、家庭学習ゼロ、授業中居眠りをしている人が満点をとるレベルって、たいしたことやってなさそうですよね。

長々とすみません。

2014/06/22 (Sun) 18:43 | hinajiro | 編集 | 返信

こんばんは。

 >文科省は英語を聞く、話すに力を入れて
  何十年も前から、毎年 言われているような気がしますが、気のせい?
  「今年は英会話がんばる!」 みたいな目標と変わらないような。

  大学入試といえば、今度 生まれてくるときは音楽大学に行こう!
  と思い立ち(来世までスケジュールがいっぱい! 忙しいでしょう)、
  私立の音楽大学の倍率は1倍ぐらいなので、なんとかなりそうだと
  思いきや、受験料が42,000円平均でビックリしました。
  来世の音楽大学計画 あきらめました。

  40人学級ですが、子供を個別指導の塾に通わせている知人の話では、
  若い先生にあたると、子供にペースを握られ、40分のうち25分、アニメの
  話になるときがあるとか言ってました。反転授業もやる気のある子は、
  どんどん進み、やる気がわかない子との間にどんどん差がひらく
  と、ブログスに投稿が載ってましたが、なかなか うまくいかない
  みたいですね~

  国際基督教大学は、どうですか、キャンパスが外国みたいでした
  それに、OG OBがかっこいいです~

2014/06/23 (Mon) 22:52 | denko | 編集 | 返信

やはり人数は大事

ピッピさんが云われる通り、まさしくその通り。
文科省がまず取り組まなくちゃいけないのは、
クラスの人数を減らすことです。

40名ほどで1クラス編成が可能だったのは、
生徒とその保護者が教師や学校を信頼してくれた
良き時代の遠い日の話。

現在では「仕方なく見せてやるぞ、人質なんだから」ぐらいの勢いです。
哀しいけど、そういう世知辛い状況下では、
人数を少人数にするか、教師の数をもっと増やすかどちらかかな?

生徒指導が80%以上の学校生活では
ほとんどの教師はもうこれ以上やれません、と
本当に頑張ってるんだと思ってます。
多少の不祥事やバッシングがあってもたゆまず一生懸命に
学校の教師は頑張ってると思ったりします。

2014/06/24 (Tue) 13:28 | sylphide1832 | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

大阪の主婦さん、

> 大阪外大はたしかに阪大に組み込まれましたね~。娘さんうけるのん!!!!

受けられるレベルだったらいいのですが・・・(;^ω^)
時々キレるけど、頭は切れない(爆)
英語の先生に「大学で英語を極めたら?」と言われて、今その気になっており、「外大」を調べているらしい。
信頼できる先生の一言って、高校生にとっては大きいのねー・・。
外大出身のそのママ、学生時代に1級ですかー・・すごー・・。

> やっぱり娘(小学5年)に英検受けさせていってた方がええかなと思ったわ。。。。

なんかその流れができてきてる感じ。英検協会もTOEIC協会も(○ネッセも)色めき立ってるんじゃないかなー。ビッグビジネスチャンスだよね?

2014/06/25 (Wed) 00:23 | ピッピ | 編集 | ピッピさん">返信

Re: タイトルなし

ポリアンナさん、

> 田舎にいると子供が一流大学に入るということは都会以上に凄いと思われるだけで、本人や家族にとっては「一族の誇り」みたいです。

わかりますー。で、「公務員」だと、もう「どうだ!」みたいな。
でもポリアンナさんがおっしゃるとおり、本人が幸せというのが一番大事かなーと。
いくら学歴が高くて安定した仕事についてても本人が「つまんねー」って思ってたら、つまんない人生ですよね。

> 会話っていいますが、文法も大事ですよね。将来的に世界を舞台に仕事をするような人はきちんとした英語を 話すことが必要とされるわけで、

ですよね!!コミュニケーションの教科書で「ハンバーガーショップでの会話」みたいなのばっかりやってても
どうにもならないわけで。
しっかり自分の意見を持つとか、時事問題に関心を持つとか、日本の文化をしっかり伝える力をつける、とか
やみくもに英語でベラベラ喋るだけの人をつくってもなーんにもならない。

> 私は財布はいつも同じバッグに入れているので忘れることはないのですが、人の名前が浮かばなくなってショックです。

容量というのがあるなーと実感してます。あと、その人や物事に関心がなければ記憶には残らないっていいますもんね。
先日は「ノア」主演のラッセル・クロウが出て来なくって「ジャベール・・」ってずっと考えてました(笑)

2014/06/25 (Wed) 00:32 | ピッピ | 編集 | ピッピさん">返信

Re: タイトルなし

> 穴があったら入りたいってこういう事を言うんですね(^^)

めっちゃ大事なものばかりじゃないですかー!!
ホントにヒヤヒヤしたでしょう?? あってよかったですねー!!!

> 英語での授業なんですが、きちんと流暢な英語で授業をできる先生達は充分にいるんでしょうかね?

そこです!!!(人のことは言えませんが(;´・ω・))人材確保!!大事です。
本当に英語が流暢な人は教師とかしないで、もっと別なところに活躍の場を求めるもんだと思います。
もっと教職に魅力があり、ペイもよければ人は集まると思うんですよね。そこ、国が頑張るところ。

2014/06/25 (Wed) 00:37 | ピッピ | 編集 | ピッピさん">返信

Re: うまくいくのかなぁ、、、、

hinajiroさんへ

うんうん!!と思いながら読ませてもらいました。
効率よく効果を上げる、という視点はないのかなー、
何でもかんでも帳尻合わせ的な考え方だと、実は結ばないと思うんですよね。

> 単純にしか考えていないですけど、ABCは小学校で固めて、文法をしっかり中学で習って、高校で読解とコミュニケーション重視で、大学入試問題は実際会話に使える文法問題、読解、コンプレインレターを書くとか自己アピールを書くなどの実用的なエッセイー問題プラス軽く面接、なんてどうでしょうね?

いい!!!と思います!!そもそも小学校の英語、もうちょっと英語らしくしていいと思うんです。
小学校→大学の流れを考えないと、今はそれぞれがほとんど分断されてるから、進学した時にギャップが生まれる野だと思います。

> チラッと聞いた話だと日本の国籍を持っているとAETにはなれないそうですが、英語だけの授業となると現場の先生にだけ頼ると負担は半端じゃないですよね。今後公立校でも英語に特化した講師を取り入れていくことになりそうじゃないですか?

今はALT(Assistant Language teacher)と呼ばれていますが・・。この人たちを呼ぶお金もガンガンガンって減らされてます。どっかにばらまかないで、この辺も人材を確保せねばと思います。

> 家庭学習ゼロ、授業中居眠りをしている人が満点をとるレベルって、たいしたことやってなさそうですよね。

ちゃーんと授業中聞いてたってことじゃないですか!!!

2014/06/25 (Wed) 00:49 | ピッピ | 編集 | ピッピさん">返信

確かに。。。教職って給料安いですもんね。
アメリカでも一緒です。私の知り合いに子供達に好かれるとても素敵な先生達がいたんですが、給料の安さに対しての仕事の大変さ(家に持って帰る仕事も多いですもんね)、それに加えて学校で自分のラップトップを盗まれたり、銃を突きつけられたりして(彼の勤めてた学校はオークランドの中にあって、空港なんかにあるメタルディテクターがあったらしいので、多分これは学校のすぐ外であった出来事だと思うんですが)危険も伴ったという理由で教職を辞めた人もいるんです。いい先生達が教職をキープしていける環境が整ってないのが残念ですね。

そう言えば、私達が2年間日本に滞在した時に、当初夫はALTの仕事探してたんです。でも会社で働いた方が給料がよかったので結局会社勤めになりました。夫がいい先生だとは言いませんが、でもALTの仕事と他の会社勤めの仕事を天秤にかけて、給料の違いによっぽど「教える」という事にパッションを感じる人でなければ「先生」という仕事はやっていけないんだろうなと思いました。

東京に住む私の従兄弟達も英語が堪能で、他にも英語が流暢な友達がいるのですがが、みんな外資系の会社などで働いてます。私も東京で働いた事があるので分かるのですが、外資系になるとお給料もいいんですよね。いい人材が外資系に取られていく中で、いかに「英語の流暢ないい先生達」を育てていくか、大きなチャレンジですね。

2014/06/26 (Thu) 01:36 | Ryoko | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

denkoさん、お久しぶりですー。

>   「今年は英会話がんばる!」 みたいな目標と変わらないような。

あはは。確かにー。
政治家の皆さんも英語頑張られたらいいのにね。国際舞台で英語でケンカしてみよう!!とか。

>   私立の音楽大学の倍率は1倍ぐらいなので、なんとかなりそうだと
>   思いきや、受験料が42,000円平均でビックリしました。来世の音楽大学計画 あきらめました。

えー、音大の倍率ってそうなんですか。受験料もだけど授業料もハンパなさそうですねー。
でも、池田理世子先生みたいに熟年受験→CD発売、ってのぜひ目指してください!!


>   国際基督教大学は、どうですか、キャンパスが外国みたいでした

おーICU。どなたか通ってらっしゃる?志の高い人たちが集まりそうですねー。キャンパスも離れてるみたいだから、別世界ですよねe-420

2014/06/26 (Thu) 08:17 | ピッピ | 編集 | 返信

Re: やはり人数は大事

シルフさん、

同意見いただきありがとうございます<(_ _)>

> 40名ほどで1クラス編成が可能だったのは、
> 生徒とその保護者が教師や学校を信頼してくれた良き時代の遠い日の話。

ホントにその通り。お互いに信頼関係がちゃんとあったあの頃は何がきっかけで崩れていったのでしょう?
今は初対面から敵対関係にある感じです。
実際、「モンスターペアレント」とか言われる親って私たち世代なんですよね。
何があったんだっけ?

> ほとんどの教師はもうこれ以上やれません、と 本当に頑張ってるんだと思ってます。

今朝の新聞にも日本の教員の労働時間は世界一、完全にブラック企業という記事が載っていましたねー。
「もうあかん」と辞めてしまった私は、頑張ってる人たちに対して罪悪感を感じることしばしばあります。
教委の話では最近はうつも多いけど、ガンで休職する人が増えたとか。
みんなが壊れてしまいそうな、空恐ろしい気持ちになりました。

2014/06/26 (Thu) 08:24 | ピッピ | 編集 | ピッピさん">返信

Re: タイトルなし

Ryokoさん、

パソコン盗まれたり、銃をつきつけられたり・・・したら辞めますよね、普通・・(゚Д゚;)。
それこそアメリカの先生たちは命がけでやってるわけですね。

> 給料の違いによっぽど「教える」という事にパッションを感じる人でなければ「先生」という仕事はやっていけないんだろうなと思いました。

日本は、このパッションと良心だけにおんぶに抱っこして来てしまったから、もうにっちもさっちもいかなくなってる気がします。学校は完全にブラック企業であり、私も自分の子には教師になってほしいとは思いませんね。ところでALTのお給料ってすごく良かったと思うんですが、ここ数年でそっちもカットになってるのでしょうか(^_^;)

> いい人材が外資系に取られていく中で、いかに「英語の流暢ないい先生達」を育てていくか、大きなチャレンジですね。

2020年のオリンピックに向けて!!と国は煽ってますが、あと7年でどうなっていくのか、不安の方が大きいですねー。あー、なんか今日のコメント後ろ向きすぎるー。すみません・・。

2014/06/28 (Sat) 00:00 | ピッピ | 編集 | ピッピさん">返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。