avatar image

turn a misfortune into a blessing

「災い転じて福となす」・・・と願いを込めて、ちょっと近況報告。

夕方、おそらく今まで生きてきた中で最大の雷が近所に落ち、PCや電話がお亡くなりになりました(涙)
電話は線の中が焼き切れてたそうです。(怖ー)

玄関チャイムも換気扇も電動シャッターも壊れてしまい、その修理依頼や時間調整、保険の確認、なんかで
「キーッ!!」となってたところ、
主人が夜怪我をして、夜間診療している病院に運び込み!
私は人間ドックの再検査連絡があり、その手配やらなんやらしながらの新学期。
子どもたちの学校祭もあり、へとへとですー。

ま、保険の確認・見直しもできたし、換気扇修理の前に台所の大掃除もできたし、主人の怪我もだいぶよくなってきたし、
「よかった」てことにしておこう。

てなわけで、今回英語の勉強は、仕事行き帰りの時間、シャドウイングしたのと、家事中のポッドキャストのみです。

2014年度版 英検1級 過去6回全問題集CD (旺文社英検書)2014年度版 英検1級 過去6回全問題集CD (旺文社英検書)
(2014/02/27)
旺文社

商品詳細を見る


シャドウイングしているのはこれ。私のは2012年のですが。
面接試験の模範解答を読むのが好きです。

今これ打ってるノートPC、遅いし止まるしスカイプもできるようにしたけど、大丈夫かいな?と不安。
デスクトップ、修理から戻ってきたら、早くオンラインレッスンしたいな。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • ryoko
  • URL

再検査は怖いですよね。私も3月にマモグラムの再検査があって怖くて夫に一緒に来てもらいました。多分大丈夫だろうということで終わったんですが、念のために6ヶ月おきに再検査をするという事で実は今月もマモグラムに行かなければならないんです。こういう時に健康が与えられてる事がどれだけ恵まれてるのかって実感させられますね。ピッピさんの旦那さんも、そして雷での災害も大変でしたね!大変な事っていっぺんに来たりして、当人としてはoverwhelmingになりますが、後で振り返る時にこんな大変な中にも感謝できる何かが見つける事ができたのは’素晴らしいですね。私もどんな状況の中にも感謝する事を忘れない姿勢を見習いたいものです。

シャドイングと言うと、私が夫に日本語の会話を通訳する時はよくこのシャドイングをやるのですが、私の声が大きいのか話をされてるご本人が私が通訳をやり出すと話をやめてしまう傾向があるんですよね。もっと小さい声だと邪魔にならないんでしょうけどね。。。難しいものです。

  • ポリアンナ
  • URL

turn a misfortune into a blessingという言い方があるんですね。
私はこれも「不幸中の幸い」「災い転じて福となる」と訳されているので類似表現と言っていいと思うのですがa blessing in disguiseが好きです。

雷で大変でしたね。うちなんか洗濯機1台買い替えるのをためらっているのに落雷があったら・・・と思うと怖いです。川も近くにあるし雷が落ちやすいみたいなんです。落雷で電化製品がダメになった時は、電力会社などに証明書を発行してもらって保険請求って聞いたことがありますが、身近でそういうことが無かったので今一つぴんときません。ピッピさんのお宅も保険でカバーされたといいのですが。

シャドウイングに英検の過去問題とはさすが1級ホルダー!!
私はシンプルな日常的な単文がやっとです(^_^;)

20代の頃は健康のことなどあまり気に留めていませんでしたが、最近はそればかり(笑)
健康診断も結果が届くとビクビクですよね。ご主人の怪我はよくなられてきているとのこと、良かったです。心身共に健康でありたいですね。

  • Ryoko
  • URL

ポリアンナさんのおっしゃる"a blessing in disguise"って言葉、私も好きです。
私が好きな歌の中に"Blessings"というLaura Storyの歌う歌があって、その歌詞の中に"What if trials of this life are Your mercies in disguise"という部分があるんですが、blessingsについていろいろと考えさせられます。明らかにblessingと呼べない出来事の中にもblessingが隠れてるのかもしれないし、それを見つけるのは自分の心次第なんだなと考えさせられます。

ちなみにこれがその歌で
http://youtu.be/XQan9L3yXjc

歌詞はこちらにあります(^^)
http://www.klove.com/music/artists/laura-story/songs/blessings-lyrics.aspx

  • ポリアンナ
  • URL

Ryokoさん、歌のご紹介ありがとうございました!
じつに美しい歌ですね。私はこの歌手の存在さえ知りませんでした。
これはもしかしたらChristian musicと呼ばれるジャンルでしょうか?
カントリーミュージックも独特ですが、確かそう呼ばれる音楽が存在したような。最後まで歌詞をチェックしていませんが、使われる単語が何となく信仰からくるものかなと思いました。

昔「アリーmyラブ」というドラマで歌われたJosh Grobanの"To Where You Are"いう曲が流れ、ちょうど9.11の後でドラマのエピソードもそれを盛り込んだものになっていたと記憶しています。私もあのテロのショックと歌の美しさでそのエピソードを見て泣いたことを覚えています。歌詞が神様との関係を歌っているような気がして先生に聞いたことがありました。これはChristian musicといわけでもないのでしょうが、私たち日本人が何気なく聞いている歌の中にそういう気持ちがこめられているものが結構あるんだなと感じた次第です。

  • Ryoko
  • URL

ポリアンナさん、そうなんです。彼女の歌はジャンヌとしてはChristian music、その中でもcontemporary Christian musicというジャンヌに入ります。

Josh GrobanってYou Raise Me Upを歌った人ですよね?このYou Raise Me UpもChristian musicとして歌われてもいるんですよ。歌詞を見るとこの"You"が神様に向けて書かれているものとして取る事ができるんです。一番の歌詞もそうですが(確かJosh Grobanは一番しか歌わないんですよね)、二番の歌詞を見るとこれが神様に向けて書かれたというのがもっとハッキリと見る事ができると私は思いました。

Contemporary Christian musicアーティストにSelahというグループがいるのですが、彼らの歌唱力にはいつも鳥肌が立つほどです。このSelahもYou Raise Me Upを歌ってて、彼らのバージョンもとてもステキなのでもしよかったら聞いてみて下さい(^^)
http://youtu.be/H2sZuJbxi8Y

ちなみにこれが歌詞です。歌詞を見られると気付かれると思うんですが、文章の真ん中なのに大文字で"You"と書かれています。この場合の"You"は神様を指します。神様に話しかける時に彼に対して"You"と言う時はいつも大文字のYなんです。おもしろいですよね?

When I am down and oh, my soul so weary
When troubles come and my heart burdened be
Then I am still and wait here in the silence
Until You come and sit awhile with me

You raise me up so I can stand on mountains
You raise me up to walk on stormy seas
I am strong when I am on Your shoulders
You raise me up to more than I can be

There is no life, no life without its hunger
Each restless heart beats so imperfectly
But when You come and I am filled with wonder
Sometimes, I think I glimpse eternity

  • ポリアンナ
  • URL

ピッピさん、再びコメント欄をお借りして申し訳ありません。

Ryokoさん
You Raise Me Upは色々なアーティストに歌われているのですね。私はJosh GrobanとCeltic Womanのバージョンを知っています。どちらもフィギュアスケーターの荒川静香ちゃんがエキシビションやショーで使っていたので日本でも知られるようになった気がします。でもほとんどの日本人はそういう宗教色は感じていないでしょうし、Youが神様だなんて知ったら驚くでしょうね(^O^)


Selahというトリオ(でいいのでしょうか?)は知りませんでした。3人が3人とも驚くほどの声の美しさで感動しました。Josh Grobanはオペラも歌う人だから声量は豊かですが、それゆえにちょっとBGMとして聞くのにはしんどい時があります。Selahは心地よいですね。声が私好みです(^^)/
こういう本当に上手な人たちの豊かな声を聞かされると日本の多くのプロとして活動している歌手はとてもじゃないけど聞けないです(^_^;)
iTunesでインターネットラジオを聞くことがあるのですが(意味はよくわからずとも雰囲気を楽しむってことで)さすがアメリカはものすごい数のラジオ局がありますよね。音楽のジャンルを選べますが、そこにしっかりChristian musicというのがあって、そこが日本では想像ができないところですよね。カントリーミュージックがポップスの要素もたぶんにあるテイラースイフトみたいな若い歌手を除いて日本では定着していませんが、Christian musicはそれ以上にクリスチャンが多い国々独特のものなんでしょうね。

ご紹介ありがとうございました!(^^)!

  • Ryoko
  • URL

ピッピさん、

コメント欄を占領しちゃってごめんなさい。そして再びお借りしてます(^^;)

ポリアンナさん、

ありがとうございます!自分の大好きなアーティストをおすすめして気に入ってもらえるのは嬉しいものですね(^^)。You Raise Me Upは荒川さんが使われた曲でしたね!なるほど、日本でも彼女のおかげでこの歌は有名だったんですね!Celtic Womanのバージョンもステキですよね。天使のような歌声で。海外のアーティストの歌声を聞くと日本人のそこら辺の「プロ」の人達の歌声を聞けないっていう気持ち、ホントにわかります。海外のアーティストに慣れると、なかなか日本人アーティストの中で「すごい!!」っていう歌声を持つ人に出会うのが難しいですよね。

ポリアンナさんはインターネットラジオをご利用なんですね!さすがです!!私達もいまだにこのインターネットラジオを使ってます。でも特に2010年の春から2012年1月まで夫と一緒に日本に滞在した時はこのインターネットラジオには多いにお世話になりました(^^)。そうなんです。アメリカのラジオ局は豊富なんですよね。こっちではジャンヌ別にラジオ局があってトークやニュースのラジオ局もあり、いろんなジャンヌの音楽の局があって、自分が聞きたい気分によっていろんなものが聞けるんですよね。個人的に私のお気に入りはポリアンナさんがおっしゃるChristian radio stationのhttp://www.klove.com/です。コンテポラリーの曲が主にかかるのですが、音楽だけでなくトークもあってDJの方達のお話もお上手で、時にはheartwarmingなお話もあったりしてよく家でラジオをつけっぱなしにして家事やったり他の事をやったり、また運転中もよく聞いてます。ラジオってテレビと違って何か他の事をやりながら聞けるので個人的にテレビ番組を見るよりもこっちが好きなんです。なんだか好きな歌声やらインターネットラジオなど、いろんな面でポリアンナさんとの共通点が見つかって嬉しいです。こちらこそ私とメッセージを交わしてくださってありがとうございました!(^^)

  • ポリアンナ
  • URL

ピッピさん、本当にすみません<m(__)m>
Ryokoさん、ラジオ局のご紹介ありがとうございます。
私は生活の中に当たり前に英語が溢れているRyokoさんとは程遠い生活をしていますしラジオを流していても話している内容なんてろくにわからずBGM化してますから(^_^;)でも雰囲気を味わうためにも聞いてみますね。私が若かった頃に比べて便利でありがたい時代になりました。いろいろ教えてくださってありがとうございました(^^)/
ピッピさん、コメント欄お借りしてごめんなさい。

  • ryoko
  • URL

ピッピさん、コメント欄をずっと使わせてもらって本当にごめんなさい。
もう一度だけお借りさせてください。

ポリアンナさん、英語が周りにない環境の中で英語の語学力を高めようとがんばっておられるポリアンナさんやピッピさんを尊敬します。私は現在カリフォルニアに住んでるのですが、カリフォルニアには特に移民が多く、その多くの人が自分のcomfort zoneから抜け出そうとせず、自分の民族のコミュニティの中だけで何十年も生きています。その結果、アメリカに何十年も住み続けているにも関わらず、英語がほとんど話せない人が多くいるのです。この傾向は特にヒスパニックと中国人に多いんですけど、日本人の人達も多くの人たちが日本人だけとお付き合いをして日本人コミュニティの外の世界に出ない人も多いんですよ。そんな人達を多く見てるだけに、英語にほとんど触れる機会がない環境の中でもがんばって英語の勉強をしてらっしゃるみなさんを本当に尊敬します。例え理解できなくてもこうやってラジオを聞いて英語を聞く機会を増やそうとがんばっておられるポリアンナさんは素晴らしいと思います。これからも頑張ってくださいね!応援してます。

ところで、歌唱力の話に戻りたいのですが、最後にもうひとつだけお勧めさせてください。この歌は2才になる私の娘の大好きな歌でもあるのですが、映画"Frozen"の挿入歌"Do You Want to Build A Snowman?"です。このビデオはディズニーが作った子供達が歌うミュージックビデオなんですが、子供だと侮れない大人顔負けの歌唱力でSelahの歌声を気に入られたポリアンナさんならきっとこの子達の歌声も好きだろうなと思い紹介したくなりました。私の娘も大好きなミュージックビデオです。ぜひ見てみてくださいね!

https://m.youtube.com/watch?v=1APv9t_LyOY

長々とコメント失礼しました。ピッピさん、本当に何度もコメント欄を使ってしまって申し訳ありませんでした!

  • ピッピ
  • URL
Re: タイトルなし

美しい音楽と、Ryokoさん、ポリアンナさんの素敵な往復メッセージで、この場が浄化されてるように思いましたよ。
おふたりとも「コメント欄を使ってごめんなさい」って誤ってらっしゃいますが、いえいえ、こんな風にコメント欄で意気投合するってとっても珍しいことではないですか??(・・何か前にもこういうことがあったような)
こうしてお二人が仲良く意見を交わすようになるって素敵だなーと私は思います。

大人になると、人は音楽を聴かなくなる傾向がある。
思春期や若い頃は音楽が人を支えてくれることが多いのだけど、だんだん自分で気持ちを整理・処理できるように
なるからである。だが、本当は大人になっても音楽に触れていることはとても大事なことなのだ。
・・ということを先日テレビでどなたかがおっしゃってましたけど、
ここで紹介された動画を見ていると、本当にそうだなーて思いました。
美しい声と素晴らしい歌唱力、穏やかなメロディ、・・日常にこれらがあると、自分もそのようでありたいと
思いますもんね。
お二人ともありがとうございました。今後ともよろしくお願いしますe-53

  • ピッピ
  • URL
Re: Re: タイトルなし

誤って→謝って  ははは、失礼しました(^_^;)

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback