2014_09
27
(Sat)10:20

教育について、ちょっと考える。

爽やかな土曜日ー。
ガンガン洗濯して、掃除して、まめと散歩して、きんもくせいの香りがして、コーヒー飲んで、幸せなっしー!!

・・・なんだけど、今週読んだ朝日新聞のこの記事が気になる。

ベテラン講師を介護に配転 (クリック可)

・・・43歳って私より年下じゃん。
「講師は若ければ若いほど生徒に慕われる」
・・・とは限らないと思うけどー。(と思いたい?) 若さってそれだけで力ではある。
だけど、この人が今まで積み上げてきたノウハウは、もう活かせないのかな?
新しい配属先で、また新しい経験を積まれて、やりがいを見出されるとは思うのだけど。

うちの子どもたちも塾のお世話になり始め、今さらながらに教育って変わってきてるんだなーと実感します。

通信添削をする子どもが減ってるらしい。(もちろん絶対数も減ってるわけだけど)
何でも自分でやるわけですよね、問題解いて、返ってきた答案を復習して。
それよりは、マンツーマンとかで教えてもらった方がいいってこと、かな。手っ取り早い。
テスト対策も塾にばっちりやってもらう。無駄がない。

・・・・イカンだろう・・・。

とは思うものの、ボタンを押せばサッサと答えがでることに慣れてしまった私たちに、いろんな流れは止められないのでしょう。
大学の先生によると、一流大学でさえ論文はコピペだらけらしい。コピペを見破るソフトもある。
手っ取り早く、無駄がなく、
その先にあるものはなんだろう。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

年が近いと生徒が親近感を持てるし、勉強の話題だけじゃなくて色々話しやすいってことなんでしょうね。でもベテランはそれだけ人生経験も積んでいるわけだし、若い手にないものを持っていると思うんですけどね。でも予備校も少子化で数を減らすところも出てきますし、ビジネスとしてやっていくらかには仕方がないんでしょうね。実際に介護に回るベテランは複雑でしょうし、ストレスたまって高齢者にそれが向かないといいですが。

時代の変化に逆らえない部分は大きいですが、今の20代でさえそういう感じなのに、10代とかそれ以下の子どもたちはどうなっていくんだろう・・・と支えてもらう世代になる私は心配でもあります。
自分で時間をかけ苦労して答えを見つけることをしないで(見つからないこともあるし)社会に出てどうなるんでしょう。夫も会社の新入社員を見て思うらしいですけれど、いい大学を出ても実際に仕事が出来るとは限らないようで、1から10まで言わないと分からない、最悪言ってもきょとんとしているような若者も多いみたいです。挙句の果てには自分には合わないと1年たたずに辞めたりする世の中でしょう?コピペの何が問題なのか分からないという人が増えているのは確かみたいですね。あの小保内さんもですものね。ピッピさんのようなお母さんが多くいてくれるといいなと思います。これからの子たち、特に日本男子、ちょっと心配なんで。

2014/09/27 (Sat) 11:29 | ポリアンナ | 編集 | 返信

「幸せなっしー」バカウケ(爆)
最近 HIT語、連発してますな~(爆)

最近、通信添削もデジタル化してて、手書きだと2週間かかるようなものが デジタルを選べば2-3日とか。娘のZ会(国語の通信添削をやってる)もそうなるのかしら。。。Bっせは選べるようになってた。

花子とアン。。。終わってもうたわ。。。(遠い目)
今度の連ドラ、主題歌がいいな~中島みゆき。

2014/09/27 (Sat) 19:21 | 大阪の主婦 | 編集 | 返信

こんばんは。

    やっちまいました。
    「花子とアン」の最終回を見逃したナッシー あ~あ。
    花子さんのお宅にあの女流作家が来た、あの後どうなりました?
    赤毛のアンの出版は、奇跡的だったんですね~ 戦災にあわずに。
    あ そうだ、スコット先生が亡くなっていたとは、ショックです。
    
    NHKでタブレットを使った授業の模様を放送されてましたが、
    算数がわからないのか? タブレットの使い方がわからないのか?
    あれでは、結局 両方だめになりそうな気がしました。先生も研修
    地獄に陥りそうですし。電気屋の陰謀か?

    検査は何事もなくて何よりでした。
    

2014/09/27 (Sat) 22:54 | denko | 編集 | 返信

悩めない

臨床心理士の友人(大規模校の学校カウンセラーも兼任)がよく言う言葉です。
最近、悩めない人が増えているというフレーズ。
悩みを悩みだと認識できないし、
問題が起きるとすぐ解決しないと気が済まない。
じっと持ちこたえてじっくり考えきれないということかな。
別の言い方をすると、忍耐力とか我慢する力が落ちてるのかもしれません。
私も塾のパート講師なので、その「困ったらすぐ解決」する助っ人用人だから
えらそうに言えた義理じゃないのですが、
その現場でも、最後に一番つらい部分(1人で考えてやり切る)を
覚悟をもって向かって行ける生徒だけが
自分で決めたゴールに辿りつけると確信します。

誰かの力をすぐ借りて問題解決を楽にしようとするのは
悪いことばかりじゃないけど、
その前に自分で悩んで苦しむ部分はどうしても必要だと思いますねぇ。
ピッピさんはどう思います???

2014/09/28 (Sun) 08:59 | sylphide1832 | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

ポリアンナさん、

> 予備校も少子化で数を減らすところも出てきますし、ビジネスとしてやっていくらかには仕方がないんでしょうね。実際に介護に回るベテランは複雑でしょうし、ストレスたまって高齢者にそれが向かないといいですが。

そうですねー。○々木ゼミナールとか、大幅に方向変換しましたね。違う事業展開をするらしいし。
おっしゃる通り、講師の方も、生徒となる高齢者も、ともにストレスが心配ですねー。

> 夫も会社の新入社員を見て思うらしいですけれど、いい大学を出ても実際に仕事が出来るとは限らないようで・・・。

ご主人のご苦労、いかばかりかと思います(;´・ω・) 入社式に親がついて来たりするんでしょ?
その親ってのは、私たち世代なんですよねー。何がいけなかったんでしょうねー?
現在50前後の管理職の方たちもストレスを溜めこまれませんよう・・ってムリですよね。


>これからの子たち、特に日本男子、ちょっと心配なんで。

わが家にも男子がおりますが・・・たいへん心配です(爆)

2014/09/29 (Mon) 15:46 | ピッピ | 編集 | ピッピさん">返信

Re: タイトルなし

大阪の主婦さん、

> 「幸せなっしー」バカウケ(爆)

「ごいなす」やろ?(くどい)
ガチャピン張りに体を張って何でも挑戦し、トークも面白すぎるふなっしーに今注目中!

> デジタルを選べば2-3日とか。娘のZ会(国語の通信添削をやってる)もそうなるのかしら。。。Bっせは選べるようになってた。

赤ペン先生たいへんだね。即返信しないとクビになりそう・・。娘さんZ会やってるんだー。教科書準拠じゃないけど、私は好きだったです、Z会。Bっせは物議醸したタブレット、どうなったんだろう?

> 今度の連ドラ、主題歌がいいな~中島みゆき。

あっ!!今朝見逃した!!キャストも濃いけど、主題歌も濃い!中島みゆき大好きです・・。

2014/09/29 (Mon) 15:55 | ピッピ | 編集 | ピッピさん">返信

Re: タイトルなし

denkoさん、

>     「花子とアン」の最終回を見逃したナッシー あ~あ。

まじ、やっちまいましたなー。でも大丈夫!!絶対総集編ありますし!!スピンオフドラマもあるし!!

>     花子さんのお宅にあの女流作家が来た、あの後どうなりました?

宇田川先生でしょ?私あの人好きなんです。なんでか登場人物の年の取り方がまちまちで、花子はシワはないけど白髪、蓮子さん髪真っ白、朝市はシワがあって白髪、でも宇田川先生変わってない!!(醍醐さんも老けてない!)
あ、家に来て、「赤毛のアンのおかげでまた筆を取ろうと思ったわ」と宣言しました。あの調子で。
赤毛のアンが世に出るには、本当はもっともっといろんなすごい人が関わってるってネットで読みましたが、
半年で物語を詰め込むのは無理があったんでしょうね。1年ぐらいあってもよかったかな。
村岡父もいつの間にか亡くなってたし、石炭王のその後も気になるし、かよの子どもたちのこともね。

>     あれでは、結局 両方だめになりそうな気がしました。先生も研修地獄に陥りそうですし。

タブレットでしょー。研修地獄ならまだしも、研修ないまま「やりながら慣れろ」ってケースもあります(爆)
生徒がたいへん。

>     検査は何事もなくて何よりでした。

ありがとうございます(^-^)
    

2014/09/29 (Mon) 16:04 | ピッピ | 編集 | ピッピさん">返信

Re: 悩めない

シルフさん、

> 悩みを悩みだと認識できないし、問題が起きるとすぐ解決しないと気が済まない。
> じっと持ちこたえてじっくり考えきれないということかな。

「待てなくなってる」とは思ってたけど、「悩みを悩みと認識してない」というのはショッキングーでした。
そうかー。「なんかモヤモヤする、この気分をどうにかしたい」って感じ?で、それをスマホで紛らす。
悩めないまま大人になっちゃったらどうするんだ?・・怖いぞー。

> その現場でも、最後に一番つらい部分(1人で考えてやり切る)を覚悟をもって向かって行ける生徒だけが
> 自分で決めたゴールに辿りつけると確信します。

その通りですね。そうやって一つずつクリアして自信をつけた人だけだ成長できると思います。
そのためのいろんなプロセスを私ら大人が奪ってしまってるのかも。
昔の大人は子どもがうろうろしてるのを待てる人がたくさんいたと思います。(学校の先生も)
「待つ」「時間にまかせる」「とにかく動く」「堂々巡りでも考える」「我慢する」
いろんなかわし方があって、いろいろ試してみた方がいいのに、今は大人が「はい、これが答え」ってサッサと
模範解答を渡してる・・って思います。

2014/09/29 (Mon) 16:13 | ピッピ | 編集 | ピッピさん">返信

No title

手っ取り早く。。。というか、論文をコピペって本来なら許されないcheatingですよね?!それが当たり前だなんて信じられません。。。そんな事して大学卒業してもピッピさんがおっしゃるように自分の中で実ったものってないんでしょうね。ゴールにたどり着く事自体よりも、そこまでのプロセスの方が大切なのに。。。ってとても残念です。

教育って正しい答えを暗記する事よりも目の前にある問題を解決に導くために自分で考える力を身につける事の方が大切なんですけどね。実際最近のアメリカでの教育はcritical thinkingやproblem solvingを付けさせる事にフォーカスを置くようになったと聞きました。いかに早く計算をするかでなく、答えにたどり着くまでのプロセスにフォーカスを置いてます。速い計算の教育を受けた私にはかなり回りくどく見えるのですが、この考えるプロセスを教える大切さを改めて実感します。

そして子育ても同様に子供に正しい答えを与えるだけでなく、子供が自分自身で考える力をつけるように手助けをしていくのが大切なんだと考えさせられます。いつもinspiringなメッセージを書くLysa TerKeurstという方が今日FBに載せたポスティングがまさにその事を書いてたのでシェアさせて下さい。

"I'm applying "give a man a fish and he’ll eat for a day… or teach him to fish and he’ll eat for a lifetime" to parenting.

I don’t want to train my kids to only turn to me for solutions. I want to help them think in Biblically and emotionally healthy ways, so they can learn the fine art of becoming a solution finder. I want to help them learn to process life choices in grounded, mature ways.

If I only tell my kids what they can and can’t do, I’m establishing rules for them to follow. This is a part of parenting for sure- but it can’t be the whole part.

If I teach them how to think, I’m establishing healthy processing patterns that will serve them when they’re no longer under my immediate watch."

Lysa TerKeurst

2014/10/06 (Mon) 13:49 | Ryoko | 編集 | 返信

Re: No title

Ryokoさん、

コピペ問題は、かなり深刻で、例のSTAP細胞で大騒動になった小保方さん、博士号を大学から取り消されるかも
しれないということになっています。これ以上コピペ論文を増やしたくないと大学も思っているでしょうし。

パソコンが普通に学校・家庭で使われるようになってから、子どもたちの自由研究が変わって、「検索して、『これよさそう』と思ったものを集めて貼り付けて、はい完成」みたいになってしまった。それでよしになっちゃうから、大学行っても同じことをしてしまう。どこかで教える機会はないものですかねー(-_-;)

このLysaさんのおっしゃること、とても大事ですね。
親も教師も、ここをしっかり押さえて子どもを育てなきゃと思います。
ただ今は、大人も「待てなく」なってる。じっくり子どもが生きるに必要な知恵技術を身につけていくのを
見守ることができないようにしているものって、一体何なのでしょうね。

2014/10/09 (Thu) 00:15 | ピッピ | 編集 | ピッピさん">返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック