avatar image

中島みゆきの思い出

「花子とアン」が終了し、当然のように「マッサン」を見てるわけですが・・、

泉ピン子、前田吟、西川きよし師匠・・・朝ドラとは思えないメンツ(汗)。

そして主題歌は中島みゆき・・。
あの主題歌に、おばちゃんは毎朝泣かされています。歌詞が、冒頭からグッとくる…

”懐かしい人々  懐かしい風景
その全てと離れても、あなたと歩きたい” 
 

10代の頃、初めて買ったLP(懐かしー)は、洋楽がサイモンとガーファンクルのベスト、邦楽が中島みゆきの「寒水魚」でした。
なぜ、いたいけな田舎の少女が中島みゆきのファンになったかという、今日はどうでもいい思い出話をひとつ。

高校の頃、頑固おやじの差し金で英語の個人塾に通っていました。先生は怖いし、毎回のタスクがたくさんありました。
構文集→英文解釈→英文読解、と数多くの英文を読みました。

夜中に「あーでもない、こーでもない」と頭を捻って予習をする時、隣で励ましてくれたのが中島みゆきの「オールナイトニッポン」でした。
今思うと、「要領の悪い『ながら学習』」ですが、あの頃はそうでもしないと耐えられなかったよなーと思います。

子どもにはわからないことが多い重い歌詞と、ラジオでのはじけぶり、そのギャップに憧れました。

年取ったから味わえるものってたくさんありますね。日本の古典や漢詩、名作といわれる英文も。
中島みゆきの歌も、そうだなーとまた改めて思ったのでした。

「糸」とか聴いてみて。いろんな人がカバーしてるから、好きなのをYou tubeでどうぞ・・。

なぜめぐり逢うのかを
私たちはなにも知らない
いつめぐり逢うのかを
私たちはいつも知らない
どこにいたの生きてきたの
遠い空の下ふたつの物語

縦の糸はあなた横の糸は私
織りなす布はいつか誰かを
暖めうるかもしれない


なぜ生きてゆくのかを
迷った日の跡のささくれ
夢追いかけ走って
ころんだ日の跡のささくれ
こんな糸がなんになるの
心許なくてふるえてた風の中

縦の糸はあなた横の糸は私
織りなす布はいつか誰かの
傷をかばうかもしれない


縦の糸はあなた横の糸は私
逢うべき糸に出逢えることを
人は仕合わせと呼びます

作詞 中島みゆき
作曲 中島みゆき


泣く!絶対泣くー。


このところの英語
再びやる気が起き、NHK worldのニュースを1日3本聞き、その記事を読む、というのを今日で4日目。
Kindle本、"When Marnie was there"

When Marnie Was There (Essential Modern Classics)When Marnie Was There (Essential Modern Classics)
(2014/05/29)
Joan G. Robinson

商品詳細を見る

73/289ページ。 やっとMarnieが出てきましたよ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • ポリアンナ
  • URL
No title

正直に言ってしまうと歌い方が独特の歌手は苦手でして、中島みゆきもその1人なんです。そしてあれだけ人気があるのにサザンは基本嫌い(^_^;)でも今回の朝向きに作ったらしいがみゆき節全開の「麦の唄」、私もやはり「その全てと離れてもあなたと歩きたい」にぐっときます。あと目で歌詞を確認してないので不確かですが、「麦に翼はないけれど」の辺りかな。シャーロットちゃんも聞いて(歌詞を読んで?)涙したらしいですが、やはり私の青春時代に一世を風靡した人たちって日本語を大事にするなあ~と思います。

ゆうべ、外国人によるのど自慢をやっていましたが(ニコラスくん優勝でした)彼等が選んだ曲の多くが少し前、一昔まえの曲。リズム重視で聞き取りにくい最近の曲と違って、はっきり歌われる日本語が耳に入ってきやすいのではないかと勝手に思っています。
私だって英語の歌を聞き始めた時に流行りの歌よりも童謡とかテンポの遅いものでした。ネットでも「今回の主題歌は最初から最後まで日本語がはっきり聞き取れる」って書いていた人がいました(笑)私も前回は彼女の独特の唱法とメロディの切れ目と歌詞の切れ目にズレがあるためにすんなり入ってこなかったりしました。

そういえば「糸」も震災後にダウンロードして心を落ち着かせました。「地上の星」より効きやすいし歌詞がいいですよね。そうだ、ゆうべの外国人のうちの誰かが玉置浩二の「メロディ」を歌っていて、あれもいいな~と思いました。最近の彼は言動がちょっと受け付けなくて嫌なんですが(^_^;)

  • sylphide1832
  • URL
「糸」というと

「まっさん」いいですよね!
もう最初から心をグィグィ持ってかれてます。

何が好きかっていうと、英語を粉骨砕身のすえ身につけという
成功譚の「花子とアン」より、
スコットランド人の嫁をもらって彼女とともに日常生活を送った日本人の夫の凄さ。
親より嫁を選ぶってあの時代、誰もができない芸当ですわ。
当時の教育は儒教の年長者をひたすら敬えだったはずだから。

そして異国の地で自分の外国人のアイデンティティーをもちながら
一生を送ったエリーに大きな勇気と覚悟を実感するから。

孤立無援とは、まさしく彼女の日本でも立場じゃないかと思いませんか?
いや~、わが亭主といつも合言葉のように言うのは、
「よぉ~来たよなぁ。いや~、すごい勇気やと思うわ」。

中島さんの「糸」は、ちょっと暗めな話で恐縮なのですが、
乳ガンに罹られた方がブログで異口同音に勇気づけられるという唄です。
偶然だなぁってピッピさんの当時の精神状態にフィットする曲だったんですね。
孤独と孤立は似て非なると言いますが、
誰ともつながれない孤立は人を凶器にしますね。
誰もひとりぼっちじゃ生きられませんわ~。

  • denko
  • URL
No title

こんばんは。

 ロスト 花子で、まだ まっさん みてませ~ん。
 今 マイブームは、100分で名著の「般若心経」です。
 解説 聞かないとさっぱりです。ちょっとネットで 写経 と検索すると
 手軽に写経用紙がダウンロードできるので、罰があたりそうであります。

 >中島みゆきの「オールナイトニッポン」でした
  懐かしい、オールナイトニッポン! はがき職人で、2部まできいていた
  優良リスナーでした。睡眠は、学校でとれました。あら、でも中島みゆきは
  聞いてたかしらん? 鴻上しょうじ、谷山浩子。。。 
  そういえば、握手券 て、ありませんでした?
  ゲッ AKB商法を、うん十年前から!?
  

  • Ryoko
  • URL
No title

私もポリアンナさん同様、サザンや中島みゆきは癖があって苦手なので、彼らの歌にも気持ちが入り込めないのですが、ピッピさんが貼付けてくださった歌詞を読んで、もう何年も前に見た"The Prince of Egypt"という映画の中の挿入歌の1つ、モーゼの義理のお父さんが歌う"Through Heaven's Eyes"という歌を思い出しました。歌自体はアップビートで明るいのですが、歌詞を見ると人の価値について考えさせられる内容で意外と深い意味があって当時好きな歌の1つでした。もしよかったらこれも聞いてみて下さい(^^)

http://youtu.be/oG0a9WFkgzU

A single thread in a tapestry
Through its color brightly shine
Can never see its purpose
In the pattern of the grand design
And the stone that sits on the very top
Of the mountain's mighty face
Does it think it's more important
Than the stones that form the base?
So how can you see what your life is worth
Or where your value lies?
You can never see through the eyes of man
You must look at your life
Look at your life through heaven's eyes
Lai-la-lai...
A lake of gold in the desert sand
Is less than a cool fresh spring
And to one lost sheep, a shepherd boy
Is greater than the richest king
If a man lose ev'rything he owns
Has he truly lost his worth?
Or is it the beginning
Of a new and brighter birth?
So how do you measure the worth of a man
In wealth or strength or size?
In how much he gained or how much he gave?
The answer will come
The answer will come to him who tries
To look at his life through heaven's eyes
And that's why we share all we have with you
Though there's little to be found
When all you've got is nothing
There's a lot to go around
No life can escape being blown about
By the winds of change and chance
And though you never know all the steps
You must learn to join the dance
You must learn to join the dance
Lai-la-lai...
So how do you judge what a man is worth
By what he builds or buys?
You can never see with your eyes on earth
Look through heaven's eyes
Look at your life
Look at your life
Look at your life through heaven's eyes

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

ポリアンナさん、

> やはり私の青春時代に一世を風靡した人たちって日本語を大事にするなあ~と思います。

> 彼等が選んだ曲の多くが少し前、一昔まえの曲。リズム重視で聞き取りにくい最近の曲と違って、はっきり歌われる日本語が耳に入ってきやすいのではないかと勝手に思っています。

そう!「日本語を大事にする」、納得です。歌を聴いていて、情景が思い浮かぶというか、思い浮かべるのを
歌唱が邪魔しないというか、そういう歌がたくさんあったなぁと思います。
外国人ののど自慢、今回見てなかったです(;´・ω・)残念・・。
そうですね、クリス・ハートさんが歌うのも、ちょっと前のポップスが多いですね。私らが80's 90'sポップスを心地よいと思うのと同じなのかしら?

玉置浩二、確かに「大丈夫か?」と思うこと多々ありますね(-_-;) でも、それを差し引けば、歌唱力は抜群だと思います。数少ない聴かせる歌手ではないかと。
ポリアンナさんも「糸」聴いてらしたんですね。いろんな方が歌っておられますが、私は森山直太朗さんのも好きでした。ポリアンナさんは被災されたのでしょうか。だとしたら、今更ながらですが、お見舞い申し上げます。「あまちゃん」後、復興のことも報道があまりなされなくなり、・・・いけませんね。反省しました。


  • ピッピ
  • URL
Re: 「糸」というと


シルフさん、

> スコットランド人の嫁をもらって彼女とともに日常生活を送った日本人の夫の凄さ。
> そして異国の地で自分の外国人のアイデンティティーをもちながら一生を送ったエリーに大きな勇気と覚悟を 実感するから。

ホントですね。時々、実際のご夫妻の写真をテレビで見ることがありますが、日本髪に着物のエリーさん、
日本でスキーを楽しむ笑顔のエリーさん、にどれだけ芯の強い人だったんだろうと思わされます。
・・にしても、このところの朝ドラ、マッサンの鈍感ぶりに「あちゃー」と思いません?
優子さんはこの後エリーさんをイジメるようですが、気持ちの持って行き場がない彼女の立場にも同情します。
ところで、シルフさんは、ご主人といっしょに見てらっしゃるんですね♪


> 乳ガンに罹られた方がブログで異口同音に勇気づけられるという唄です。
> 誰ともつながれない孤立は人を凶器にしますね。誰もひとりぼっちじゃ生きられませんわ~。

「糸」で検索すると、結婚式でよく歌われてることがわかります。
それ以外でも、闘病されている方、大事な人を亡くされた方・・いろんな人たちの支えになってるんだなーと
改めて思いました。
日々、ぼんやり感じているほかの人とのつながりを、意識させてくれる歌なんですね。
年を取っていくにつれ、人とつながってることがどれだけ有難いか、日々感じるようになりました。
これは加齢のいいところですかね?

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

denkoさん、

>  今 マイブームは、100分で名著の「般若心経」です。
>  手軽に写経用紙がダウンロードできるので、罰があたりそうであります。

えー?色即是空空即是色??(でしたっけ?)
写経用紙のダウンロードですかー(笑)。戒名をつけてくれちゃうソフトよりいいんじゃないかと・・。
 
>   そういえば、握手券 て、ありませんでした? ゲッ AKB商法を、うん十年前から!?

あー!!ありましたねー!!あのプロデューサーもリスナーだったんでしょうねー(笑)
denkoさん、はがき出してたんですか?読まれました?
二部までは聴いてなかったですかねー、というか一部で力尽きて寝てました(汗)  

  • kitakuri
  • URL
No title

おはようございます!
マッサンも面白いですよね!私はみゆきさん好きで、学生時代も結構聞いていました。(^^)
そして私以上に長女がみゆきさんのことが大好きで、自分でもギター引きながら歌うし、地方コンサートや夜会も何度も行っているようです。吉田拓郎も大好きで、職場の人から「年齢詐称してんるんちゃう?」と言われるとか。^^;
オールナイトニッポン私も聞いてましたよ。あの、チャランチャン、チャチャララ、チャチャチャン(これで伝わるかな。。。)のオープニンを聞くとテンション上がります。(^O^)/
ではまた。

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

kitakuriさん、

お久しぶりー!

> そして私以上に長女がみゆきさんのことが大好きで、自分でもギター引きながら歌うし、地方コンサートや夜会も何度も行っているようです。吉田拓郎も大好きで、職場の人から「年齢詐称してんるんちゃう?」と言われるとか。^^;

えー?平成生まれですよね?(笑)「地上の星」や「空船」から入っていかれたのかしら??
私も拓郎さんのCD持ってます。ギター1本で歌ってきた人たちって、やはり聴かせる!と思いますね。


> あの、チャランチャン、チャチャララ、チャチャチャン(これで伝わるかな。。。)のオープニング・・

そうそう、伝わる伝わる! 今wikiってみたら、まだあってるのね!!歴代パーソナリティが多すぎてビックリ。しかし、もう聴けないわー。眠いし、誰かわかんない(爆)

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

Ryokoさん、

返信遅くなってごめんなさいe-466
ちゃんと見たいなーと思ってたら遅くなっちゃいました。

壮大な作品ですね!モーセのお話。
エジプト、イスラエル、ユダヤ・・・本を読んでもまだまだわかっていません。
今でも続くいろんな問題も、疑問を抱えたままなので、ちゃんと勉強しなきゃなーと、また思いました。

日本でも吹き替えされて公開されてたみたいですが、知りませんでした。
(スピルバーグも関わってて、スタッフもキャストも豪華なので、話題になったはずです・・)

歌もすごい。舞台やミュージカルでも聴きたい感じです。
heaven's eyesを通して、ものをみるべし・・。考えさせられますね。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback