プロフィール

ピッピ

Author:ピッピ
迷えるアラフィフ。
2014年2月英検1級取得 
TOEIC965点(2013年 11月)  
2015年2月通訳案内士試験合格。

My daily life as an English learner

フリーエリア

読書記録



スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--

除雪車ママと7人の白雪姫

Category: 英会話  

英会話スクールのレッスンは通常、理系さん(仮名)と二人なので、理系さんがお休みだと
ラッキーなことに料金そのままでプライベートレッスンになります。

先日は「先生とは」についてR先生(UK出身)と語り合いました。
先生は日本の学校で教えてもう数年たつので、事情はよくご存じ。
「日本の先生はたいへんだよね。ピッピは何がたいへんだと思う?」
と聞かれて「何でも屋にならないといけないのもたいへんだけど、親への対応は特にたいへんだと思う」
と答えました。経験もあるし(爆)。
ちょうど、snowplow momという単語を覚えたところです。
http://http://www.huffingtonpost.com/andy-braner/soccer-mom-helicopter-mom-or-snow-plow-mom_b_5206924.html

サッカーママにヘリコプターママ、除雪車ママね。アメリカの親もたいへんそうだ。
・・・かくいう自分も十分傾向あるなー

R先生曰く、「このまえ、UKの友人の子どもの写真がアップされててね、賞状を持ってる写真。で、『なんの賞状?』
って聞いたら、何かの競争で20番だった賞状だって。ビックリよねー。20番に賞状とかヘンでしょ。」

「日本では、そんなのよくある話。でも、イギリスでも???
日本の学芸会では小人じゃなくて白雪姫が7人いるとかフツーのことなんですけど。」
って答えたら、「あるあるー、ありえるー。7人の白雪姫。」

て言ってたのでまたビックリ。えー、日本だけじゃないんだ。

それから、先生って教える以外の仕事の方が実は多い。

毎年、先生の英語力ってことで、TOEICの点数や英検の取得級が話題になるのだけど、
http://matome.naver.jp/odai/2140325349548716301
他県のことはわかりませんが、県内では、『部活動の指導ができてナンボ』という認識があり、
休日だって先生は部活動の練習や試合の引率、生徒をほったらかして自分のために試験なんて受けていられない、という事情もあります。(しかも顧問が好きでやってると思われてるケースも。)
単に英語の勉強を怠けてるとか受験を怖がってるとか世間から思われてるふしもある(;´・ω・)

「最低でも英検準1級、TOEIC730、TOEFL 550(PBT)に相当する力は持っていなければならない」というのが国のガイドラインで、指導をするのであればもっともだなという数字ですが、
教員採用試験を受験する時点でTOEICのスコアなり、英検の取得級なりを要求したらどうかなーと思います。

このところの英語

ひさびさにkindle再開。「マーニー」早く読んでしまお。
輪読会準備。今回の記事は香港・台湾について。
一人で読んでると、「なんだこれ」と思ってもすぐ流してしまうし、そもそも自分の興味のある記事しか読まないけど、
輪読すると、わからないこともお知恵を頂き、場合によっては即座にリンクが送られてきて(゚д゚)!感謝感激です。





関連記事
スポンサーサイト

 2014_12_15

Comments

 

昨日は輪読会どうも~(爆)
みんな毎週、白熱してるみたいで、時々参加が申し訳ないわ(汗)
来年1月6日の輪読会はお休みします~。ぴっぴさん議長だったはずなので、「割り振り分担」からはずしてください~。
その後2週連続で参加しようかと。結局、千里英語会がない週とかで課題記事読みまくりにならない程度って感じよ(汗)
ぴっぴさんは、この輪読会だけ?新聞課題記事読むとかそういう習い事。


白雪姫。。。。(汗)こっちも娘でいろいろあっただけに。。。

なんで順位とかたった一人とかそういうのが 否定的になったんやろな。。。(汗)
みんな平等、自分の子供も!!!!みたいなヘリコプターママが増えたんやろか。

定期的にTOEICとか受けないと脳がぼけそうだし、どうしたものか(爆汗)

今日は「身を切るような寒さ」だわ~(泣)

お互い今日もがんばろ~(汗)
大阪の主婦  URL   2014-12-17 09:53  

 

ヘリコプターママ!日本にもいたんですね〜!!
アメリカだけかと思ってたら日本もイギリスも酷かったんですね。びっくりです。

「かわいい子には旅をさせろ」という言葉はどこへ行ったんでしょうね?
確かに小学生以上の子供を持つママ友達は自分の仕事はドライバーだわ。。。と言ってるのをよく聞きます。Soccer mom、大変そうですもんね。いろんなママ達の話を聞いてると、娘が学校に通いだす年齢になるのがとても怖く思いますよ。いったいどうなるんでしょうね〜。周りに流されずに自分の信じる方針をしっかり持たないといけないですね。
Ryoko  URL   2014-12-17 14:16  

Re: タイトルなし 

大阪の主婦さん、

こちらこそ、昨晩はどうもー<(_ _)>
後半、思考がトリップして・・(爆)、いやー、みんなすごいね。あのあともう一本読んだんだよね?
輪読会の日は、昼寝して体力温存しておかないとまずいね。

> ぴっぴさんは、この輪読会だけ?新聞課題記事読むとかそういう習い事。

そうなのよ。「記事読む勉強会したいなー」って呟いたら、誘っていただいて、まさに引き寄せの法則。
他のメンバーさんたちはTIMEの会もしてるんでしょ?パワフル!! 
主婦さんの勉強会は、ごはん食べる時も英語なわけだし、みんな記事読んでガンガン英語で意見言う感じ?
それと輪読会ってすごいよなぁ。

> 白雪姫。。。。(汗)こっちも娘でいろいろあっただけに。。。

かぶりましたね、ネタ(笑)
そういう子、いるね。私も接触したことある。で、みんなに煙たがられるけど、なんでなのかわからないのね。
今後、女子は人間関係いろいろたいへんだから、保護者の方も気づく必要あると思うなぁ。

欠席の件、了解しました。「申し訳ない」とか全然ないから!気にしないでやりましょう!
ピッピ  URL   2014-12-17 16:31  

Re: タイトルなし 

Ryokoさん、

私もこんなに過保護なのは日本だけと思っていたら、何かの記事で、アメリカの学校で部活動の応援に来ていた
親同士が、試合のジャッジが不満で大喧嘩になったとか、学校からキャンプに行ってる子の親が心配のあまり
引率者に写真をずっとアップしろと要求したとか、読んだんですよね。ひーっ!(;・∀・)と思いました。
欧米ってもっと子どもにビシッとキビシイというイメージがあったもんですから。

Ryokoさんの場合、もうちょっと時間があるから、自分も子どもも無理のないやり方を探して選べたらいいですね。
「周りに流されずに自分の信じる方針をしっかり持つ」、一番大事なことだと思います。
ピッピ  URL   2014-12-17 16:38  

私はどれにも当てはまるみたい(笑) 

 先週一週間いつも以上に過酷な chauffer service に勤しんでいた母親です。
 私も大変だったけれど、子供たちはもっと大変だったみたいで、娘がバレエの試験日にレオタードがぶかぶかで大騒ぎになりました。 グレード試験のためのエキストラレッスンとクリスマスコンサートなどで毎日夜九時前後まで分刻みのスケジュール(大袈裟)で、食事はかなり出来合いのものに・・・・
 たった一週間でレオタードぶかぶか、ってびっくりだよねーと思って何人かの人に話すと、虐待呼ばわりでショック。ちゃんとした食事をとってないって、こっちの家庭の「普通の食事」と同じって意味なんですけど・・・ピザとチップス、ソーセージとマッシュ、パスタ、オーブンで用意できるもの、などなど。「それを言うならあんたたち年がら年中虐待してんじゃん!」と叫びたくなりました。

 サッカーマムはしかり、この間娘の帰りがいつもより15分遅いので探しに出かけたのはヘリコプターママでしょうし(四時過ぎると真っ暗なのよ、今)、クリスマス劇で「ナレーターにも衣装を着せろ!」的な不満を陰で言ってたら当日うちの子にも衣装が渡されていたなんてこともあったので(爆)多少?ブルドーザーの気も・・・・
 それにしても主婦さんとこの白雪姫の話酷いですな。外国暮らしの私には「なにそれ、ありえないんですけど?」となって先生に注意を促しているかも(ん?本格的なブルドーザー?)。

 以前の記事の「床に水からケンカ」にびっくり。ご主人の言い分はなんなんでしょう?全く見当がつかないんですけど。ホント、気づいた人が拭けばいいじゃん!って思いました。
 夫のしつけはいつでも遅くないみたいですよ。うちの父も昔は何もしていなかったのに年とってからフットワーク軽く家のことを結構やっていました。
 今から少しずつ手抜きをして旦那さんを上手く動かしてください。
 まずは自分を追い詰めないことからスタートですよー!!!
hinajiro  URL   2014-12-18 19:01  

Re: 私はどれにも当てはまるみたい(笑) 

Hinajiroさん、

こんにちはー。かの国からのコメント、ありがとうございまーす<(_ _)>

Chauffer serviceというのですね。勉強になりました。
そちらはアメリカよりは治安は良さそうと思いますが、やはり子どもの安全の確保ってなると
親は神経尖らせないといけないからヘリコプターにならざるをえませんね。
私は昭和の子なんで、送迎や習い事でてんてこ舞いってのに、今でも違和感。
部活動に親がガンガンでてくるのにも違和感。・・・・適応性に欠けるんです・・。

娘さん、バレエの試験にクリスマスイベント(複数)・・そちらのお子さんたちも多忙なんですねー(;・∀・)
クリスマス過ぎたらゆっくりできるのかな?

>  以前の記事の「床に水からケンカ」にびっくり。ご主人の言い分はなんなんでしょう!

でしょー?
そのあとになんと「なんの液体かわからないだろう」って言った!!。
それを人に拭けって、どういう『レディーファースト』やねん、てイラッとしました。
やるときはバリッとやる人なんですがねー。
Hinajiroさんのお父様は、なにかきっかけがあられたんでしょうね。お聞きしたいわぁ。

ピッピ  URL   2014-12-20 14:22  

 管理者にだけ表示を許可する


03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

検索フォーム



pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。