avatar image

ゆる読書

試験も仕事も一段落。
ようやく読書ができる環境に・・・。

と、思ったら、子どもがインフル 
朝、しっかりご飯を食べてガンガン喋りまくって「いってきまーす」と出ていた2時間後に
学校から「お迎え要請コール」
グッタリしているわが子にビックリしました。インフル、おそるべし。

お医者さまから、「二日後ぐらいに家族に症状が出ると思います」(アナタ、二日後ぐらいにインフルよ)
と言われ、テンションさがってまーす。

病院の待ち時間に読んでました。

When Marnie Was There (Essential Modern Classics)When Marnie Was There (Essential Modern Classics)
(2014/05/29)
Joan G. Robinson

商品詳細を見る


今、80%。
ゆっくりゆっくり進むので、まどろっこしいと感じる人もあるかもしれませんが、
私の場合はこれを読んでて、小学生、中学生だったころに読んだ本とか、読んでた自分のことを思いだしました。
好きだった本とか、憧れた主人公とか、本に出てきて食べたかったものとか。
しばらく開けてなかった引き出しを開けた感じ。

なにしろ時代は情報が溢れてるし、毎日何かに追い立てられてる感じがするし、自分も漠然とそしてかなり焦ってるし、
久しぶりにホッとした時間。ゆる読書、万歳。

車でラジオを聞いていたときに、リスナーさんの失敗エピソードが読まれました。

飛行機のチケットを忘れて空港へ。お母さんに届けてくれるように電話して、自分は機内で待つことに。
(当時は、搭乗手続きがまだアナログだったんですねー)
機内アナウンスで現在チケットが届くのを待っているので離陸が遅れるという連絡があり、しばらくして
チケットが届けられ、ふたたび機内アナウンスの「チケット、届きました」報告に、機内から拍手が起こったそうです。
その後、「お母様からメッセージです。『このバカたれ』」というアナウンスに機内爆笑の渦

・・・・今じゃありえないよなぁ。批難の嵐がおこりそう。
昭和までは、これでもよかったんだろうな。
自分が子ども~学生時代を過ごした頃って、こんなだったんだなー。ゆるーくあったかい感じ。
これがいいとは言い切れないけど、現在ってずいぶん「まあ、いいじゃん」て感じがなくなってる。
いつもクレームの予防線張ってるというか、神経尖らしてるというか。優しい言葉でも優しく聞こえないというか。

とか言ってるとまた子どもから「お母さん、昭和ー。」「お母さん、化石ー。」て言われるんだな。

「マーニー」読み終わったら何読もうかなーって思っていたら、幼馴染が「これ読んで!!」って送ってきました。
TIME

彼女もアメリカで柴犬を飼っていて、これといっしょにご主人が私の分まで買ってきてくれたというカレンダーも
同封されていました。
calendar1

calemdar2

美犬だねー(ほれぼれ)

私も彼女も「犬は飼い主に選ばれて家にやってくるのではない。犬が家を選んでやってくるのだ。」という説に
すごーく納得している。 ふたりとも犬を飼って、家族の状況がすごく変わったから。

TIMEをパラパラめくって、「あやつ、こんなん、フツーにサラッと読んでるんだなー」と感心。
四苦八苦しつつ、楽しんで読めたらいいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • ペルー
  • URL
お大事に!!

私がインフルエンザになった時、家族は誰もうつりませんでした。
その何年か後、主人がインフルになった時も、他の家族にはうつりませんでしたよ。
ピッピさん達もうつらないといいですね。
お大事になさってください。

  • Ryoko
  • URL

時間に追い立てられると言えば、私が短大を卒業して間もない頃にもそう感じてて精神的に疲れ果てた時期がありました。長崎に住んでた頃なんですが、ある知り合いの方に誘われて英語で礼拝をされてる国際教会に連れて行ってもらった時の出来事なんですが、あの教会に入った時に時間が止まったかのような錯覚を覚え、疲れ果てて乾ききった私の心にはあの場所の人達や彼女達との時間が眩しすぎて涙が溢れ出して止まらなかった事を思い出しました。

ピッピさんの「時間の流れ」についての記事を読んでいろんな事を思い出すし、いろいろと考えさせられます。時間に追い立てられると自分の心の余裕もなくなりますよね。「To Do Listのやるべき事」に振り回されそうになる中で「本当に大切なもの」を見極めれる目を養っていきたいと改めて考えさせられます。子育てする中で先輩ママ達からもらったアドバイスの1つに"The days are long, but the years are short."というのがあったのですが、娘が生まれてからの2年半、コロコロと変化をし続ける娘を見ながら本当にそうだなと思わされます。忙しく感じると娘や大切な家族や友達との時間を大切にする事を忘れてしまいがちになり、そのまま忙しい生活の中で自分を見失ったまま人生を送り続けてしまうと人生の最期にきっと後悔するんだろうなと思います。時々立ち止まって自分が人生の中でやり遂げたい事、何の為に生きていきたいのかと考えるのは大切ですね。

  • ピッピ
  • URL
Re: お大事に!!

ペルーさん、

やさしいコメント、ありがとうございます<(_ _)>
おかげさまで、今のところ、熱は出ていません。(年取ると、熱も出ないんですって?(爆))
それよりは、具合悪い子どもを見ている方が、きついですねー(-_-;)
家族写真もとれなくて、年賀状がー・・。

お仕事、お休みになりましたか?よい年末年始をお過ごしください♪

  • ピッピ
  • URL
Re: タイトルなし

Ryokoさん、

渡米される前にも教会とのご縁があられたんですね。
疲れたり、迷ったときにそうやって立ち止まれるところがあるのは実に大事なことだと思います。
今は、なかなかそういうものが見つけにくい時代でもあります。
流されて擦り減らないように、といつも思います。家族を見ていても心配になりますが、
あまり口を出すと、おかしなことになるので、見守りますが、たいへんですね(・_・;)

> 忙しく感じると娘や大切な家族や友達との時間を大切にする事を忘れてしまいがちになり、そのまま忙しい生活の中で自分を見失ったまま人生を送り続けてしまうと人生の最期にきっと後悔するんだろうなと思います。時々立ち止まって自分が人生の中でやり遂げたい事、何の為に生きていきたいのかと考えるのは大切ですね。

おっしゃるとおりです。
今日、TEDで、幸せになるなら3つのAを大事にしなさいって話があってました。
attitude
awareness
authenticity
http://www.ted.com/talks/neil_pasricha_the_3_a_s_of_awesome?language=ja
今の自分へのメッセージかもしれないなぁ。

  • 大阪の主婦
  • URL

冬休みはじまったね~(汗)
給食センターのおばちゃんみたいになってるわ。。。(涙)

こちら、私も風邪で、鼻づまり(涙)しんどすぎ。

30代のころは、そんな体調不良でも動けたのに、もう気力体力下り坂で

「誰か全部、代わって」て思うわ。。。。

てことで今日はクリスマス。。。。よいクリスマスを。。。。。(爆)

  • ピッピ
  • URL
Re: タイトルなし

大阪の主婦さん、

> 給食センターのおばちゃんみたいになってるわ。。。(涙)

全く同感e-442 「なんで朝から晩まで食事の世話やねん!!」って叫んでしまった。
おまけにインフル患者がいるもんで、別メニュー。クリスマスディナーなんかはGちゃん食べるもんないから
また別メニュー・・・。

お歳暮の時期だけど、誰か「ハウスクリーニングサービス」とか「食事つくりサービス」のチケットくれないかなー。

ところで、主婦さんのブログのコメント、「チロリアン」に反応してくれる人がいて嬉しかったわ。
ちょっとクリームが濃いのよね。それからナイツの塙さんは佐賀県人よ。(ギター弾いて歌う「はなわ」とは
兄弟ね。)

主婦さん、体調悪いのね・・。はやくよくなりますように・・。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback