avatar image

今年はShimaneに行ってきました。

昨年のお伊勢参りに続き、今年は島根県の出雲大社に家族旅行で行ってきました。
なぜ島根か、
Yoshida-kun
信心深いからではなく(^_^;)、息子がこの「吉田君」が大好きで、「島根いきてー」と何度も言っていたからです。
部活がある娘にGちゃんの世話は任せ、まめはペットホテルに預け、旅立たせてもらいました。

プロペラ機(30人ちょっと用)で出雲縁結び空港へ。
なんだか風景がいつもの地元とよく似ている(爆)。

1日目は世界遺産、石見銀山へ。
洞穴の中を歩くだけかと思っていたら、銀山周辺の集落も世界遺産登録を受けていて、見どころがたくさん。
iwami
駄菓子屋さんです。自販機がうまーくカムフラージュされてます。
民家のポストも木製でした。

soba
まずは出雲そばをいただきまして、(このおそば、三段重ねになってます)
オットが「ワンコインガイド」を予約していたので、10名ほどのグループでガイドさんのお話を聞きながら約2時間ほどの徒歩ツアーに参加しました。
土日限定のボランティアガイドさんですが、「石見銀山」愛がものすごく伝わる、プロフェッショナルでした。
お話を聞きながらガイドさんの技も観察してたのですが、B4サイズの写真、地図を要所要所で見せてくれたり、
自腹で作った銀貨のレプリカを触らせてもらったり、精錬の過程で出てくる物質を見せてもらったり(ガイドさんが持ち歩いている)、とてもわかりやすかったです。
ガイドさん自身、何度もこの一帯を歩き回って、相当勉強されており、歴史的背景、当時の生活の様子、古文書に記述されていること、関わった人物・・なんでも熟知してらっしゃいました。
「実はですねー」というエピソードもたくさん。ずっと喋りっぱなしでも飽きさせず、おそらく60才近くとお見受けしましたが、サクサク歩いて、つらい坂道も狭い穴の中(そこでも坂道)も『へのかっぱ』でした。

解散の時に質問したいこと、たくさんあったのですが、熱心そうな若者ふたりと楽しそうに話をされていたので、
諦めました。

「日本にある世界遺産ていくつと思いますか?」
最初のクイズで「あれ?いくつだったっけ?」(爆)・・・というボケぶりの私・・。
そして、まだまだ知らないことだらけー、とまたつくづく思い知らされたのでした。

つづく・・・



関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • Ryoko
  • URL
No title

コメントお久しぶりです。
島根に行かれたんですね。写真で見て綺麗だなと思ってました。
島根の吉田くん、初めて聞きました。息子さんも知識豊富ですね(^^)

プロペラ機というと、NYからボストンまで飛んだ時がそうだったなと懐かしく思いました。その時は真ん中の席だったのですが、窓際はおじさん、そして通路側は「この人バスケの選手でしょ⁉️」というほど長身のジャージを着た男性で、小さなシートに長い体をまん丸に丸めて座ってたのを思い出します。すごい長身を丸めてたので私の座ってた場所から通路が見えないほどで息苦しく感じたのを今でもはっきりと覚えてます(笑)

他にプロペラ機のエピソードというと、友達が気持ち悪くなって吐いてしまったとか、パニックアタックになってしまったとか恐ろしいエピソードをちょくちょく聞きますが、ピッピさんのご家族は安全に旅行されたようでなによりです。

ガイドさん達の知識は豊富ですよね。私はガイドを使った事がほとんどないのですが、一度だけアメリカ人の友達を連れて江戸・東京博物館という所に行った時に自分の知識がなかったので英語の通訳ガイドを付けてもらったのを思い出しました。彼の知識もものすごく豊富でとてもボランティアだとは思えないと感心しました。逆によほどのパッションがなければ無償であんな労働はできませんよね。

ピッピさんの新しいお仕事も日本と海外を繋げるお手伝いをされると言うことで、いろんなお話を聞けるのを楽しみにしてます。

これからもがんばってくださいね!

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

Ryokoさん、

お久しぶりです(^-^)
もう生活のペースは戻りましたか?

> プロペラ機というと、NYからボストンまで飛んだ時がそうだったなと懐かしく思いました。

アメリカ人がぎゅうぎゅうで乗ってるプロペラ機って・・・(^_^;) トイレに行くのはおろか、身動きすら
できなさそう・・。
確かにすんごく揺れて、着陸してからしばらく具合悪かったです(-_-;)

>逆によほどのパッションがなければ無償であんな労働はできませんよね。

ホントですねー。ボランティアさんはまさに「パッション」で動いてらっしゃると思います。
ボランティアだからといって手を抜かない仕事ぶりに感動しました。
まあ逆を言えば、ボランティアでもそんなに優秀な人たちがおられるということが、プロのガイドさんの
労働条件を悪くしているともいえるのかもしれません。

> ピッピさんの新しいお仕事も日本と海外を繋げるお手伝いをされると言うことで、いろんなお話を聞けるのを楽しみにしてます。

まだ始まったばかりですが、初めてづくしで日々緊張です・・。もう少ししたら外回りしていろんな人たちと
会えるかと思います。楽しみです♪

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback