avatar image

Shimane完結編とその他もろもろ

島根最終日は、出雲大社へ。
縁結びの神様、っていうと結ぶのは男女の縁だけではありませんぞ。
家族、仕事、その他数々のご縁があるわけで・・。

まずは島根の10月 神有月に『やおよろずの神々』が集合するという稲佐の浜へ。

kamisama

周囲には何もありません(;・∀・)
「出雲まんじゅう」とか「神様グッズ」が置いてある店があってもよさそうなものですが。
あえて、何も作ってないのかな、と思うと好ましい気持ちがします。

ここからほど近いところに出雲大社はあります。
伊勢神宮と比べると、何というか、近寄りやすい、という気がします。
Izumo Shrine
いろんなご縁に感謝しながら参拝。
出雲大社は、他の神社と違って、「二拝 四拍手 一拝」でお参りするのがルール。

Ookuninushi
↑大国主命がウサギを諭しているところ。

参道で出雲ぜんざいを頂いたあと、まだ時間があったので、世界灯台100選に選ばれた日御碕灯台へ。
lighthouse
てっぺんまで歩いて登りました。163段・・(;・∀・)。そして、眼下には日本海・・。
Japan Sea

あー、そうそう、松江で小泉八雲記念館に行ったとき、小泉八雲がこのようなことを言っていたという記述が・・。
「日本には素晴らしいものがたくさんあるけれど、一番素晴らしいのは日本の女性。
これから何年たってもこんなに素晴らしいものは世の中に現れないだろう。」

・・・奥様がきっと素晴らしい方だったんでしょうね。家族の写真や、その様子を伝える資料がたくさんありました。
子どもたちをたいへん可愛がっていたこと、宿舎の庭が大好きだったこと、手作りの英語の教材・・などなど、
小泉八雲をより身近に感じることができました。

「日本で47番目に有名な県」だとか「世界遺産があるといっても信じてもらえない」とか、自虐ネタ満載の島根県
ですが、私はすっかりファンになりましたよ
出雲縁結び空港に降り立った時、まず目に入ったキャッチフレーズ

「運は一瞬、縁は一生」
この時点でグラッときましたもん(笑)
がんばれ、島根県!

さてー、ほぼフルタイム勤務の日々。
無洗米と生協の宅配を導入し、洗濯は夜干し、週末まとめ買いと常備菜作り、自然解凍でOKのお弁当のおかず、
などなどでなんとか繰り回しております。
Gちゃんのケガ→入院と、PTA役員が降ってきたことは計算外ではありましたが、(-_-;)・・・まぁ、仕方ないです。
考えてみれば、Gちゃんの入院が1週間早ければ島根には行けてないってこと。

「1級と通訳案内士の資格があるから採用したけど、この程度?」ってきっと思われてると思うけど(≧◇≦)
私だからできることもあるはず。
勉強させてもらってることに感謝して、頑張りまーす。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • Ryoko
  • URL
No title

綺麗な場所ですね。
ステキな写真にうっとりしながらも「ぜんざいを食べた」と聞いていきなりぜんざいが食べたくなった食いしん坊の私でした😁

「1番素晴らしいのは日本の女性」。。。そんな最高の褒め言葉言われてみたいものです。もちろん自分はその「素晴らしい女性」には程遠いのですが😅 素晴らしい女性で思い出したのですが、聖書にも素晴らしい妻の像を書いた箇所があって、その箇所を読むだけでもいろいろと考えさせられ勉強になります。私もまだまだ成長の余地が沢山ある身ですが、妻として、そして母としていろんな葛藤を通してこれからも成長していきたいものです。

もしよかったら「素晴らしい妻」の箇所を読んでみてくださいね💖
https://www.biblegateway.com/passage/?search=proverbs+31&version=NIV

  • Milk
  • URL
No title

ご家族多いのにフルタイムに近い勤務形態! 聞いただけで目が回りそうです。 それは効率良い家事が必要ですね・・・ この際、ご家族に少し移譲してはいかがでしょう。 例えば洗面所はお嬢さん担当、ゴミ関係全般は旦那さん等々。 でも長年やってる役割は中々変わらないですよね・・・。 無理されないで下さいね! (そうだ、掃除ロボットどうでしょう! 私もお金の余裕が出来たら買いたいと思ってます!)

お仕事はきっとピッピさんの実力があれば、慣れさえすれば大丈夫だと思いますが、最初は緊張しますよね。私も今の職場に入ったときは外国人ばっかりで、通訳みたいなことする機会が多くて、最初はホントにドキドキでした。 が、数年すると今みたいに度胸だけでなんとかなってます(苦笑)

島根、ほんとに行ってみたいです!!!私があちらの役人になってプロデュースしてあげたいなぁ。(なんて、エラそうなんでしょう!)

  • 大阪の主婦
  • URL
No title

やっと来てみたわ。
島根いったことあるわ~。
小泉八雲の記念館みたいなのも行った覚えアリ。

お仕事どうですか?

無洗米他、常備菜などかなり効率化してるようで参考になるわ~(爆)

今度、そっちの話にすぽっとあててブログ記事お願いします~(爆)

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

Ryokoさん、

> 綺麗な場所ですね。

ですね。洋の東西を問わず、神様に近い場所って空気が違うなー思います。
たまにこのような場所で気持ちを落ち着けられたらいいなと改めて思いましたね。
ところで私、ぜんざい作るの得意です。食べさせてあげたい・・。

> 「1番素晴らしいのは日本の女性」。。。そんな最高の褒め言葉言われてみたいものです。

ご主人はそう思われたんじゃないのかなe-257
それにしてもあの当時の日本女性の慎み深さとか、たしなみは、現在の比ではなかったでしょうね。

リンクありがとうございます。今日はオフなのでゆっくり読ませてもらいます。感想、送りますね。

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

Milkさん、

ありがとうございます<(_ _)>
そうなんです。長年の積み重ねというのはなかなか変更しがたく・・(-_-;)
でも、子どもたちは前より協力的になって、「お母さんは頼れない(あてにならない)」と意識してくれてるらしく、私が前よりイラッとしなくなりました。
お掃除ロボット、夏には買いたい!!と思ってます。Milkさん、使い心地教えてください。

Milkさんもドキドキだったんですか(゚д゚)!
前から聞こうと思ってたんですが、仕事がきっかけで英語をガッツリやり始めたパターン、英語をガッツリやってたので、今の仕事に就いたパターン、どちらですか?

> 島根、ほんとに行ってみたいです!!!私があちらの役人になってプロデュースしてあげたいなぁ。(なんて、エラそうなんでしょう!)

いやいやプロデューサー大事だと思います!DAIGOくんが大使として頑張ってますがね。
職場の皆さんと社員旅行、どうです?(爆)

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

大阪の主婦さん、

> 小泉八雲の記念館みたいなのも行った覚えアリ。

八雲のお子さんたち、ハーフで綺麗なお顔立ちやったね。
当時旧制中学の外国人講師で月給100万ぐらいだったとか(゚д゚)!
奥様は八雲が体調を崩したときに身の回りの世話をするために雇われていたお手伝いさんだったとか、
当時の日本、すごいなーと思いましたね。

> 無洗米他、常備菜などかなり効率化してるようで参考になるわ~(爆)
> 今度、そっちの話にすぽっとあててブログ記事お願いします~(爆)

無洗米、もう戻れんよ(爆)
主婦さんの旦那さんも、これがあればごはんサッサと炊けるよ!!!
(ウチはオットが「洗わない米を食えるか」とか言うから内緒で使用中www)

  • Ryoko
  • URL
No title

いえいえ、夫の口癖は私は日本人らしくない女性だとよく言われてます(^^;;
日本の文化の事を聞かれてもほとんど知らないし、名ばかりのサギ日本人女性です(笑)

Proverbs 31は読まれました?あれを読むと「こんなんできるか!」って感じですけど、でも下のリンクの記事を読んで納得できるものがありました。31章の中で31節に"Charm is deceptive, and beautify is feeting"とありますが、あくまでも「素晴らしい奥さんの像」に外見を入れてこないところがステキだなと思いました。

http://www.crosswalk.com/family/marriage/engagement-newlyweds/do-i-want-my-wife-to-be-a-proverbs-31-woman-sorta.html

近々またスカイプでお話できたらいいですね!
ではまた!!

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

Ryokoさん、

サギ日本人女性って・・(;・∀・) 今はどの日本人女性もそうかもね(笑)

どちらも読ませていただきました。Proverb31の母は、戦前戦中の日本人女性を連想させますね。
働き者で、家族を大事に、情けは篤く、夜なべ仕事で家計を支えて・・。

ところで、
21 When it snows, she has no fear for her household; for all of them are clothed in scarlet.

ここの意味がよくわからなかったんですが、どういう状況ですか?

crosswalk.comのリンクは、素晴らしいフォローになっていますね。「ちゃんとしなきゃ」病で苦しむ女性は
どこにでもいるんだなーと思いました。私も、ちょっとホッとしました(笑)

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback