2015_06
25
(Thu)10:45

新嘉坡その2

ひまひまにちょこっと読んでいます。
ただの旅本ではなく、写真とともにいろんな疑問に答えてくれる、賢くなれる本です。

1990年までシンガポールでは歴史教育がなかったって、ビックリ。
「われわれに振りかえるべき歴史はない。常に未来を見て前進すべきだ。」
初代首相、リー・クアンユー氏の言葉がそれを物語っています。「前しか見ない」ってこと。
日本に占領されてたこともあるのですが、現地の人はどう思っておられるのでしょう。

シンガポール謎解き散歩

それにしてもこのリー・クアンユー氏、一代で一国を作り上げたすごい方です・・。
近年は、「私たちがお手本にしてきた日本が、最近はどうしたのですか」と、気にされていたとか。

シンガポールについては何にも知らないと思ってたけど、ふと思い出しました。
四半世紀ほど前にディック・リーのCDを買ったこと!
アラフォーの方は、"Rasa Sayang""Wo Wo Ni Ni"とか聞けば「あー、これ知ってる!」って思うはず。
今はプロデュースの仕事の方が多いようですが、国民的歌手。
意図的にシングリッシュで歌ったので、政府から発禁処分とか受けたりもしているチャレンジャー。
YouTubeでライブ見て、「いいなぁ」と改めて思いましたよ。 貼っておきます。ディック・リー

彼の英語はわかりやすいです。
「シングリッシュ」で検索したら、いろんな動画が出てきて、少年が「シングリッシュ講座」やってるシリーズが
ウケました。さっぱりわかんないけど(笑)

シンガポールに行ったことがあって、お友達が現地に住んでるオンライン英会話の先生によると、シンガポールの人は
すっごくよく働き、まじめだから夜遊びもあんまりしない、そして物価がメチャクチャ高い・・らしい。

雑貨、家具などのセレクトショップのページがたいへんオシャレ。
日本の有田焼とコラボしたこのお皿はヒット商品らしいです。(有田焼 キハラさんのページより)
one singapore

このところの英語
オンライン英会話、最近できるだけ入れています。セルビアやボスニア・ヘルチェゴビナ、マセドニアという国の先生と初めて話しました。ウィキで歴史とかいちおう予習するのですが、とても複雑です・・。
「ニュースで英会話」を車の中で聞く、後でテキストを読む。
ポッドキャストを家事の合間に聞く。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントお久しぶりです。
アラフォーですけど、Dick Leeって初めて聞きました。彼の喋る英語はこっちのタイ人の友達の訛りによく似てて思わず親近感を覚えました(^^)

シングリッシュという言葉も初めて聞きました。シンガポール独自の英語を作ってるんですね。ピッピさんの知識の豊富さに頭が下がります。これからもピッピさんを通していろんなお話を聞くのを楽しみにしてます(^^)

2015/07/02 (Thu) 01:41 | Ryoko | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

Ryokoさん、お久しぶりです。来てくれてありがとう♪

> アラフォーですけど、Dick Leeって初めて聞きました。

Ryokoさんはまだ若いから、彼の歌が日本のCMで使われた時はまだ物心ついてないかも。

> シングリッシュという言葉も初めて聞きました。シンガポール独自の英語を作ってるんですね。

例えば"OKラー"みたいに語尾にラーがついたり、細かい規則変化が無視されたりするようです。
教育レベルが高いので、キレイな英語を話す人ももちろんいるそうです。
いやいや、知識は豊富じゃないので、人生折り返してるのに知らないことばかり教えられることばかり、で
焦ります。でも今回みたいに何かのきっかけでシンガポールのことをたくさん知ることができて、嬉しいですね。

2015/07/04 (Sat) 11:44 | ピッピ | 編集 | ピッピさん">返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック