avatar image

自然な。

昨日の英会話は、理系氏が欠席だったので、ラッキーなことにマンツーマンでした。
今年度の先生はイギリス、オーストラリア、日本、フィジーで暮らした経験がある先生。
明るくて、大らかかつ非常に頭が良い。もう一人の女性ネイティブも素晴らしいし、彼もまた素敵な先生。

会話は、お酒の話→彼の日本での入院体験記→健康について→国際協力→外国語学習経験について→日本語について・・・
と繋がっていき、私は現在直面している問題について質問してみました。

私:「日本語ってホントに曖昧で、low contextな言語ですよね。」
先:「その通りですね。英語はhigh contextだけど、日本語は行間を読まないといけないもんね。」
私:「例えば、広告のコピーとか、日本語→英語にするの難しいですよね。」
先:「どんな?」
私:「うーん、オシャレな食器のページに『お茶を楽しむ』てポツンと書いてあるとか」
先:「文として完成してないですよねー。・・・Enjoyment of drinking teaとかかなー?」
私:「その横に『普段使いのうつわ』て書いてあったとして、それは"dinnerware for daily use"になるのか、"daily use dinnerware"どっちでしょ?、判断難しいです。」
先:「ワタシなら前者ですね。丁寧な感じです。」
私:「そういうのがわかんないんですー(;´・ω・)」

丁寧な言い方とか自然な表現を身に着けるって、外国に住んで、大量の物を読み、聴き、見なければかなり難しいことじゃないかと思うんですが。

「うーむ」と眉間にシワが寄ってる私に、先生はNational Geographic, Women's weeklyなんかを読んでみたらいいんじゃないか、
と教えてくれました。「BBCもいいですね。」とおすすめされました。
women's weekly
これはニュージーランド版です。楽しそう・・。

このところの英語
ペーパーバック74%
Skypeでトーク 1時間
輪読会宿題
英会話学校
関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • 大阪の主婦
  • URL

さっそく リンク先をお気に入りにいれました(爆)そこでbeautyトピック発見!

エスティーローダーのコンシーラーあったで(爆)

どれだけ大量に読めば、自然な英語が身につくのん(汗)
もうこの年でまだ間に合う?(汗)
とか思うのですけど。。。

諦めたらそこで終わりだしな~(汗)

また今週も一週間頑張りましょう♪

博多オフ会にあらたな大阪女子仲間参戦予定。「みきっちさん」。
彼女はtoeic講師(英検1級、toeic965保持者)、英会話講師もやってる アラフィフ。アラフィフに全く見えない美貌(爆)

こっちのブログにも書いたけど、「第一回英語美活部ランチ会」を大阪で開催予定だそうで、参加者18名も集める手腕はすごいな。
「英語も美用もあきらめない」視点で大阪の英語女子のハートをつかんだ模様(爆)

私も今度行ってみますわ!!!

九州地区、盛り上げ、vibrant roseさんとで頼むよ~!!(爆)

  • ピッピ
  • URL
コンシーラー

こんばんはー。
コンシーラーって塗ったらいかにも「塗ってます!」てなるので塗ってないんだけど、やっぱ安物だったから?(爆)
アイラインも、主婦さんから「目ヂカラ弱くなるから引いた方がええで!」とアドバイス頂いたけど、自分には無理な気がしてまだ(爆) あの筆みたいなのでほっそいラインがひけるって神業やん?手がつりそう・・と思うヘタレ。You Tubeとかで研究した方がいいかなぁ。

みっきちさん、twitterで相互フォローしてるよー。すごい仕事してるし、ファスティングしてるし、綺麗だし、いつ寝てるんだろう・・て感心してます。
「意識高い美女」が集結してそう!

ガーディアンのお坊さんの話、偶然だね、ワタシも読んだ。FBでイギリスの友人がシェアしてた。イギリスも教会のお世話になる人が減ってるんだって。お金がかかるからって、森とか裏庭に家族を埋葬してる人もいるらしい(゚д゚)!
どうなっていくのかねー。

  • Ryoko
  • URL

その悩み分かりますよ。
私もこっちに住んでる時は日常で「自然な言い回し」を聞くので「何が自然な言い方か」ってのが分かりますけど、日本に長くいるとそれが分からなくなってくるんですよね。不思議な話ですが、ネィティブの人達にもその傾向があって日本在住の長い人は英語はもちろん上手なんだけどちょっと独特の(日本語を直訳したような)言い回しや単語の使い方をしてるのをよく聞いて面白いなと思ったのを思い出しました。

特に苦労するのが和製英語と実際に使われる英語の単語の区別が段々分からなくなってきたのを覚えてます。例えば髪の毛を結ぶやつは日本で「ヘアバンド」と聞いてたのでそれを聞き慣れると日本にいた時は英語でも「ヘアバンド」という言い方をしてたんですが、カリフォルニアの夫の実家に里帰りした時に「ヘアタイ」という言い方をしてるのを聞いて「あっ、そうだった!」って思ったり。小さな事なんですけどね、でもそういうのって日常の中で聞いてないとスッと抜けていくんですよね。でも日本に住みながらそれを身に付けていくのはなかなかの技だなと思います。

ところでコメントを覗いたのですが「美意識高い美女の集まりの会」凄そうですね〜💦
聞いただけでI don't belong to the groupと即座に思ってしましました(^_^;) それにしても、日本人女性は本当にいつも美意識高くて綺麗に着飾ってらっしゃいますよね。いつもスッピンで出かける私は妹にかなりあきられてますが…こんな私だからアメリカ在住でよかったと思う今日この頃です😅

  • ピッピ
  • URL
Re: タイトルなし

Ryokoさん、

> ネィティブの人達にもその傾向があって日本在住の長い人は英語はもちろん上手なんだけどちょっと独特の(日本語を直訳したような)言い回しや単語の使い方をしてるのをよく聞いて面白いなと思ったのを思い出しました。
> でもそういうのって日常の中で聞いてないとスッと抜けていくんですよね。でも日本に住みながらそれを身に付けていくのはなかなかの技だなと思います。

興味深い話です。なるほどねー。聞いてないとわからないですよね。私たちも進学や就職で地元を離れると、方言があやしくなりますもんね。郷里に帰って教師になったとき、「先生の方言、いろいろまざっとる」て言われました。
それと同じ感じでしょうか?
こっちにいながら留学してるみたいな環境づくり・・テレビラジオは英語、本も新聞も英語・・って一人じゃ可能かもしれませんが(^_^;) なかなかに厳しいものがあります。できることから取り入れていきたいです。


> それにしても、日本人女性は本当にいつも美意識高くて綺麗に着飾ってらっしゃいますよね。

Ryokoさんはすっぴんだけど、いつもすっと姿勢正しく凛とされてるのでそれだけで素敵だと思いますよ。
日本人女性は着飾ってはいるものの、姿勢が悪いとか、ワークアウトはしてないとか(はは、私のことー(^_^;))という
ケースも多いです。これから年をとっていくなら、姿勢の正しさ、表情、雰囲気、そういうもので差がつくのかなーと
思うこのごろです。

  • Ryoko
  • URL

ありがとうございます(^^)
幼少時代にバレエをしてたので姿勢だけは昔からいいんです😊

アメリカでもNYやロサンゼルス辺りはモデルや女優の卵が沢山いるのでオシャレな街らしいですけど、IT企業の盛んな北カリフォルニアでは服装はかなりカジュアルです。同じアメリカでもカルチャーがかなり違いますよね。ここら辺では専業主婦してるママさん達の多くはワークアウトの格好をしててジーンズさえ履いてない人が多いです。私の友人なんかジーンズを履くのはspecial occasionsだけなんて言う人もいて、私も最近は日曜日に教会に行く時ぐらいしかジーンズ履かない生活をしてます😅 もともとオシャレは苦手ですが、小さな子供を抱えてオシャレなんかする余裕もないので北カリフォルニアのカジュアルなカルチャーは私は気に入ってます💖

  • ピッピ
  • URL
Re: タイトルなし

Ryokoさん、

> 幼少時代にバレエをしてたので姿勢だけは昔からいいんです😊

おー!そうなんですね!バレエや剣道をしてた方は姿勢がいいですね。猫背は貧相だし、体にも悪いので、子どものころから
そういう訓練をしておくといいですよね。(残念ながら、私もウチの子もしてないんですが・・(;'∀'))

日本のファッション誌見てると、「頑張りすぎ」な人も多いですね。本人がそれで快適ならいいんですけどね。
ジーンズ、ワークアウトでも「私は私」って胸張ってる人は、どこにいてもカッコいいですよね。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback