avatar image

我が子の就活

娘の中学校で教育講演会があった。
講師は、みんな知ってる"生まれる前から墓場まで" (ペット関係の雑誌もあったな)サポートする教育関係の大企業の方。

まず、『どういう世界が待ち構えているのか』
自然の驚異、人口問題、新型ウイルス、止まらぬ紛争・核の脅威、エネルギー問題、食糧問題、経済問題、環境問題、IT化対応、世界企業の日本進出、世界規模での企業再編、新興国の台頭・・

というパワーポイントが・・。 
「これ、まるまる英検一級のエッセイのテーマやん・・」

『人気企業の変遷』
食品、医薬品、JRが人気。航空・自動車産業が不人気・・ってことで人気ランキングにも結構な変動が・・。
JTB、ANA、ソニー、資生堂は変わらず人気だけど。

で、講師の先生(30代)、「私どもの会社では、入社希望者は最初は3万人ぐらいです。履歴書、小論文で半分落とされ、次は学科試験、その後は四次面接まであります。四次では外国人相手にオールイングリッシュの面接です。最終的には50~100人ぐらいが採用されます」・・・。

どひゃー。ここらへん田舎だから企業もないし、周りは公務員ばっかりだし、なんかスケール違うな~・・。

「皆さんのお子さんが就職活動をされる頃には、面接の時、両隣がインド人と中国人・・ということも大いにありえます。外国人採用枠も増えていきますから、外国人もライバルです。」

・・・・ぎょえええ~・・。勝ち目ないやん。・・てか、その前にそこまで行き着くはずもなく・・。

どうなるんだ?この先・・。
娘はのほほ~~~んとしてるけど、やっぱ、とりあえず英語の勉強させたほうがいい??(短絡的)

とにかく、上の学校に行ける学力と、外国人見てもうろたえない気持ちだけは育てねば・・と思った母でした。


昨日今日の学習

実ビジ ・・Dodging Stress(5)
TOEIC特急・・間違いだらけ。泣きたい。
週刊ST,一昨日書いたQ大の二次試験問題weblioのボキャビル・・知らなかった単語をピックアップして覚えた。

二次試験問題長文は"stem cellsができたいきさつ" "幸せを渇望する人は、かえって幸せになれない" ・・というもの。試験問題としてはいろいろ意見があるのでしょうが、読み物として面白かった。私は、こういうのを読んで物知りになる感じが好きなんだな・・と改めて思いました。

ではまた。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • tiger
  • URL
No title

こんにちは。

所謂、トーマス・フリードマンらが言っているようなフラット化する世界ってやつですね。語学も大事ですが、ピッピさんが言われている「外国人見てもうろたえない気持ち」のような心構えを育むことが大事になってくると考えています。

No title

うわぁ、この田舎でそんな内容の講演会。。。。
私もきっと、焦りまくると思います。

外国人を見てもうろたえない、
このあたりではものすごく大きな課題だったりしますね(*^_^*)
うちの子、小さいときにスパルタ式のネイティブ英語教室に行ったため
また本格的なハロウィンパーティにも参加してしまったために
「英語怖い」になってしまったし。。。

ぼちぼちリハビリしなくては。。。

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

tigerさん、コメントありがとうございますe-267
今までの考え方やり方は、早く改めるべき時が来ていますね。国籍が多様でない島国で生まれ育ってしまったハンディを、今後どうやって子供たちに越えさせるか・・・う~ん・・tigerさんなら、どう考えます?

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

tea.さん、こちらでは初めまして! 来てくださってありがとうございますe-267

わが子には郷土愛は持って欲しいけど、「地元が一番。離れたくない!」「ゆめタウンがあるからいい」
とは思って欲しくないですよね(笑)世界は広いのだ・・と身をもって知って欲しい・・。

> うちの子、小さいときにスパルタ式のネイティブ英語教室に行ったため、また本格的なハロウィンパーティにも参加してしまったために「英語怖い」になってしまったし。。。

あら~・・そういうケースもあるんですね!小学校での英語活動は楽しまれていますか??

No title

彼は忘れることが苦手な特性を持つために、怖かった思いはずっと引きずります。
英語嫌いになるのでは、とかなり心配しましたが、
今は、学校での日本人の先生による英語活動はすごく楽しんでいるみたいです。

2年生の時に、ネイティブのALTのお試し授業が1回あったんですが、
その時に「英語やら、好かん!」と叫んで、先生を落胆させたそうです。

その先生の4年生の授業を一度見せてもらったことがあるんですが、
内容や話し方が、どう見ても赤ちゃん~幼児向けだったんです。
これじゃあ、嫌気がさす子がいても仕方ないかな~と思いました。
(うちの子は赤ちゃん時代から英語に触れていたし)

子ども扱いせずに、きちんと子どもに伝わるように教える、
これが小学生には一番必要なことじゃないかな、と思う今日この頃です。

  • tiger
  • URL
No title

ピッピさん、返信ありがとうございます。

難しい課題ですね(^^; まずは日本語によって自分で考える習慣を身につけて、自信をもてるような体験を積み重ねていく。次にある程度、自分が確立できたら海外に出て実践的に学ぶ〜というような流れがベストだとはおもいます。

しかしながら今の10代の人たちと話していると高校から海外に出たりする人がいたり、彼らの方が直感的に自分がなにをすべきかや周囲の状況を把握していたりするので驚きますv-12

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

tea.さん、返信ありがとうございます♪
お子さんの学校英語、よい先生に巡り会えてよかったですねe-348
小学校で嫌いになったら、そのあと英語に目覚めるのはなかなかたいへんな気がします。

> 子ども扱いせずに、きちんと子どもに伝わるように教える、
> これが小学生には一番必要なことじゃないかな、と思う今日この頃です。

確かに。実習で、子供たちは、ものすごく異文化や外国語に興味津々なんだなあと感じました。その芽を大事に育ててあげられるような英語教育ができたら、世界も変わると思います。

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

tigerさん、こちらこそ返信ありがとうございます♪
tigerさんはしっかり勉強をされて、これから海外に出て、いろんな挑戦をされるのですよね。素晴らしいですe-420
> しかしながら今の10代の人たちと話していると高校から海外に出たりする人がいたり、彼らの方が直感的に自分がなにをすべきかや周囲の状況を把握していたりするので驚きますv-12

確かに・・。『今どきの若者』といいますが、実際動いてる人、ポテンシャル高い人、たくさんいらっしゃいますね。県が世界一周させた学生さんたちとか今後が楽しみです。

  • 電個
  • URL
No title

はじめまして。 電個ともうします。

>まず、『どういう世界が待ち構えているのか』
>自然の驚異、人口問題、新型ウイルス、止・・・・・・
まったくおっしゃるとおりなのですが、ちょっと前に翻訳でた本では、
ちがうことが書かれていました。

・「繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史」
 ISBN-13: 978-4152091642

 悲観的未来予測は200年前から常にあったのだが、そのほとんどが外れている。
 恐竜は絶滅したが、人類誕生からこれまで、人類が滅亡したことは一度もなかった。
 この本、読んでない学生はベネッセ に、就職できないかも?
 
 失礼しました。

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

電個さん、はじめましてe-267
コメントと、本の紹介もありがとうございます。

>  悲観的未来予測は200年前から常にあったのだが、そのほとんどが外れている。
>  恐竜は絶滅したが、人類誕生からこれまで、人類が滅亡したことは一度もなかった。

こういう切り口で持論を展開できる学生さんなら、企業は「即採用!」かもですね。
揃いのリクルートスーツ、就活のハウツー・・今後どう変わっていくのでしょうか?

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback