2012_05
30
(Wed)16:12

明日に架ける橋

中学生のころ、英和辞典が嬉しくて(もちろん紙の)
FMラジオから流れる素敵な英語の歌を和訳してみようと思い立ちました。

LPを買って、日本語訳を見ないで英訳に挑戦したのが、 
「サウンド・オブ・サイレンス」

サイモン&ガーファンクル・グレイテスト・ヒッツサイモン&ガーファンクル・グレイテスト・ヒッツ
(2003/12/17)
サイモン&ガーファンクル

商品詳細を見る
(これ、ポール・サイモンがすごいオジサンね・・)

・・・・今思えば、なんという無謀なことを・・・若さ故の無知


People talking without speaking
People hearing without listening


何よりタイトルが"The sound of silence"
「静寂の音」
矛盾してる・・・。


「スカボローフェア」も訳してみました。

Tell her to make me a cambrie shirt
( on the side of a hill in the deep forest green )
Parsley, sage, rosemary and thyme
( tracing of sparrow on snow-crested brown )
without no seams nor needle work
( blankets and bedclothes the child of the mountain )
then she'll be a true love of mine.
( sleeps unaware of the clarion call.)


木綿のシャツを作ってと伝えておくれ
パセリにセージにローズマリーにタイム
縫い目も針のあともないように
そうすれば彼女は本物の恋人になるだろうと・・

どんなストーリーなんだろう???

じゃあ「明日に架ける橋」は?

訳してみて、ちょっと状況を想像できました。嬉しかった。
今になってみると、silver girl って何を意味してるの?
とか疑問が湧いてしまうけど、あの頃は、自分に対して「困難は多々あるだろうが、少女よ、がんばって進め!」
と言われてる気がしていたという・・(若さ故の自己中心的解釈・・・)

いずれの歌も深~~~い意味が込められていることを知りもしない13歳の私でしたが、
その頃って、難しい詩でもよくわからなくても、なんとなく自分の中に取りこむことができる柔軟性があったんじゃないかと・・。今の自分にはできないな~。カチカチになっちゃったもんです

今日、glee2の2巻を見ていたら(息抜きと称して・・
メルセデスがゴスペルでこれを歌っていました。
ウィキで調べたら、もともとゴスペルからポール・サイモンがヒントを得て作り、その数年後にアレサ・フランクリンがカバーしたのがゴスペルになって広がり、当時アパルトヘイトで苦しんでいた南アフリカで賛美歌として普及した・・・らしいです。



昨日今日の学習
語彙...weblioをお休みして、問題集の文の中で単語を覚えようと努力中。
英検問題集...「7日完成」の4日目に入る。
essay...昨日レッスンでした。私の後にレッスンを受けてる小学(たぶん)6年生、洋書を読んでるそうで、
would have 過去分詞とかも出てくるんだって。・・将来楽しみですね~。
Advanced 1000...家事しながら聴いて、終わったら座って本で確認。PC開けたり、スクリプト印刷しなくてすむのは助かる。
PB...  すごい時間かかったけど、あと3ページ。いまから読んで寝ます。
100 Simple Secrets of Successful People, The: What Scientists Have Learned and How You Can Use It100 Simple Secrets of Successful People, The: What Scientists Have Learned and How You Can Use It
(2006/11/07)
David Niven

商品詳細を見る
 では~。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

自分も以前、頼まれて英語の歌の歌詞を翻訳した経験がありますが、単純に辞書的なものを追っかけるだけでは全体のストーリーが把握できなくて苦労した経験があります。

英語力も必要ですが、人生経験が豊富(?)でないとcontextが掴みくいです。しかし、ピッピさんの言われるように、柔軟性とのバランスがあるので一概にはそうは言えないのかなとおもいました。

2012/05/31 (Thu) 07:41 | tiger | 編集 | 返信

Re: No title

tigerさん、
おはようございます~。

> 自分も以前、頼まれて英語の歌の歌詞を翻訳した経験がありますが、単純に辞書的なものを追っかけるだけでは全体のストーリーが把握できなくて苦労した経験があります。

ですね~。英語の歌って日本の歌より背景が複雑だったりしますよね。実は差別とか虐待が本当のテーマだったり。バックグラウンドを知らないと、とんでもない勘違いになってしまいますね。
・・ところで、何の歌を訳されたのか、気になります~e-450

小さい頃から、よくわからなくても詩とかにたくさん触れておくことは大事だなあと、我が子も大きくなった頃に気づく母でした・・。

2012/05/31 (Thu) 09:39 | ピッピ | 編集 | ピッピさん">返信

No title

こんばんは~。
13歳でサイモン&ガーファンクルの和訳に挑戦ってすごいですね!
素敵~♪
「困難は多々あるだろうが、少女よ、がんばって進め!」
っていうのが、また、ナイスです!りりしい~☆
「スカボローフェア」私も昔一番だけ暗記した覚えがあります。
不思議な歌詞ですよね。

>南アフリカで賛美歌として普及した・・
すごい!世界中の人に愛されているんですね。
永遠の名作~。

2012/05/31 (Thu) 23:52 | tabby | 編集 | 返信

No title

歌を訳すのって難しそうですね。
日本語の歌詞カード見ても、背景が分かってないから意味が分からないことありました。 

それにしてもメルセデスの歌唱力、すごいですね!あんなに上手く歌えたらすごく気持ちいいだろうな~といつも思います。
Glee1stシーズンの最終回まで見終わったんですけど、最後の2話あたりが納得いかなかったんですよね~。2ndシーズン見る気なくしてたけど、この動画見たらまた見たくなりました。

2012/06/01 (Fri) 09:18 | 梨りんご | 編集 | 返信

Re: No title

tabbyさん、

> 13歳でサイモン&ガーファンクルの和訳に挑戦ってすごいですね!

いえいえ~、単語と単語をくっつけて日本語らしくしていくパズルみたいな遊びです。(文法知らないしe-330)辞書を引くのは小さい頃から好きで、延々やってましたね~。今の子がゲームや携帯にはまるみたいな感じ?

> 「スカボローフェア」私も昔一番だけ暗記した覚えがあります。

やはり、惹きつけられるものがありますよね。イギリスの民謡が元になってて、そこに反戦メッセージを込めてる・・みたいなことを後から知りました。深いです・・。

2012/06/01 (Fri) 13:02 | ピッピ | 編集 | ピッピさん">返信

Re: No title

梨リンゴさん、
こんにちは~。

> 歌を訳すのって難しそうですね。
> 日本語の歌詞カード見ても、背景が分かってないから意味が分からないことありました。 

確かに。訳してる人も分かってなかったりすることもあったみたいですね。
歌を訳すって、今ならネットでササッと検索できるけど、ああでもないこうでもないって考えてたの、実はとてもいい勉強になってたのかな~と思います。今はもうする気にならないですけどねe-456

gleeは、時々ついて行けない時あるけど(笑)、やはり彼等の楽しく歌う姿を見たくて、借りてしまいます。

2012/06/01 (Fri) 13:06 | ピッピ | 編集 | ピッピさん">返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  -
  • 管理人の承認後に表示されます
  • 2012.05.31 (Thu) 05:42 |