avatar image

発音に関する考察・・・(て、ほどのものでもないが)

Nothing is more precious than health.
はい、同じ意味の英文三つ書いてみましょう・・・(笑)

今週は、こんな気持ちを噛みしめました。いやはやすでに夏バテ
口の中のでかいできもの三つ、あまりに痛くて病院に行ったら、先生が
のぼせてますね。仕事が立て込んだりとか、せっぱ詰まるとできるできものです。」

・・・・立て込むような仕事はない。何にせっぱ詰まってるんだ自分(爆)

はっ!!いけない。だんだん体調に関する愚痴ブログになっている。こんなの読んでも誰も嬉しくない、ぶるぶる。


さて、本題。
私自身子どもの頃から祖父母と同居で、お年寄りと接触が多く、 「方言はネイティブ並み」との自負があるのですが、嫁ぎ先は同じ県内とはいえ、若干言葉やイントネーションが違います。Gちゃんが言ってることがいまだにわからないことも多々あり。(入れ歯を入れてないと、よけいわからない) そんな時は、うちの子供らが「Gちゃんはこう言ってるよ」と通訳。赤ちゃんの頃からいっしょだからわかるのね~と感心。

いっしょにいるのが、Gちゃんじゃなくて、ネイティブだったらどんななってただろうか ・・・とふと思ったりして。

アメリカ人と「refreshmentは日本語で「おやつ」?」とかいう話をしていたら、日本語学習中の彼女は「その「つ」の音が出せないの。  「おやす」になっちゃう。難しい~~。」
そう言えば、昭和ひとけた生まれだった亡き義母は「ティ」という音が出せなかったなあ。
娘から「キティーちゃん」という特訓をうけていたけど、 「キチーちゃん」 「ばあちゃん、違う!!
パーティーは、「パーチー」、Tシャツも「チーシャツ」だった・・。

小さい頃に親しまなかった音はなかなか出せないということですね。
自分の話してる英語ってどんなふうに聞こえてるんだろ?と思って録音して聞いてみたりもたまにするけど、なんだかなあ・・・。
この年になっても、ちゃんと英語の発音が上達する方法ってあるのでしょうか?


昨日今日の学習
勉強会でした。みんなも暑さでちょっとトーンがダウン↓。でも、暗誦、みんな頑張ってたなあ。
記事読み ・・・TIMEの記事ふたつ、「北朝鮮の今」「グリーンランドの氷が溶けてる!」
USAtodayの記事ふたつ。「ナイキのambush marketing」「イチローのトレード」・・・という内容。
昨日さぼった100時間大特訓、今からやります。また新しいできものできるかも(泣)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • まあこ
  • URL
友人から聞いた話

おととい先週イギリスに旅行に行ってた友人と話したんですが
イギリスは英語国だけどヨーロッパの一部であるため国内にいろんなヨーロッパの国々からまたその他の国々から来た人であふれていてそれぞれがそれぞれの母国語の発音をベースにした英語を話しているのを聞いて、発音偏重になっている日本の英語教育に初めて疑問をもち、これからの英語教育はヨーロッパでの英語教育に習うべきでは?って思ったと話してくれました。

発音じゃないって初めて思ったそうです。彼女はアメリカ9年暮らして帰国子女枠で私と同じ大学に通い大阪で英語で有名な私学の教員をしてた人。その彼女が今回初めてそう思ったと言うんです。

いろんな発音でみんな話していてたとてそれが正しくなくても皆ちゃんと会話し通じているし、オフィシャルの場でもそれが通用してるって。じゃあどういう風に会話してるかって言ったら文章で会話してるって。文で会話してるから単語が少し発音違っても通じると彼女は表現していました。そしてB&Bに泊り歩いたので世界各地の旅行者と話したけれど、日本に来たいかと言う話になった時、日本の若い人は英語話せるの?自国の若い人は英語話せるから旅行しやすいよ!え?日本人は英語通じない?じゃあ行きたくないなって言われたんだそうで^_^;

そうなんだ~~って思いながら聞いてて、この日記読んでふとこの話を思い出したので書きました。

何を大事とするか難しいですね。

  • ピッピ
  • URL
Re: 友人から聞いた話

まあこさん、
こんばんは~。
興味深いお話を寄せて頂いてありがとうございます♪ このコメントを読んで、以前、鴻上尚史さんがロンドンに演劇留学した時の体験談で、あちらの人の英語は、いろんな訛りがあって、日本に例えると、それぞれが東北弁、博多弁、大阪弁、高知弁とかで一気に話しかけてくるみたいな感じ、とおっしゃてたのを思い出しました。

私は以前は「発音にとらわれるよりも内容のある話をいろんな国の人と交わせるのが理想」と思っていました。
フィリピンの英語、シンガポールの英語、インドの英語・・それぞれに特徴があり、どれが正解でもないとも思うんです。でもここのところ、イギリス・アメリカ英語として受け入れられるような英語でなければ、場合によては話を聞いてもらえないこともあるのかなという思いも持つようになりました。

しかし、そのような発音を身につけるのは普通では難しい。まずは、中身のある会話(自分の国の文化を説明できるとか)ができて、話がしたいと思われるようになることが大切かな~というのが今の持論です。(それもまたかなり難しいことなのですが)

  • Ryoko
  • URL
No title

私も口の中にできものができてます〜!!出産の時にできたみたいで、それ以来治るかな?って思って口内炎のクスリ塗ってたけど治る気配なし!先日、歯医者にクリーニングに行った時に見てもらったらfibromaというらしく「切らないと治らないよ」って言われちゃいました〜!こっちは歯医者さんが全部やってくれるわけでなく責任分担がきちんとしててこのfibromaというできものはoral surgeonにやってもらわないといけないらしく紹介状をもらいました。歯を抜くのもdentistはやらなくってoral surgeonに行かなきゃいけないんですよね。治療内容によってこの治療はdentistがやらないと保険が下りないとかもあるらしくて複雑ですよね。という事で明日さっそくoral surgeonのオフィスに行ってきます。明日はevaluationらしいけど、さっさと切ってほしい...なんて前置きに対して長々とコメントしてしまいました!

発音なんですが...大学で幼児心理学を取った時に聞いた事だと思うんですが、人間は生まれて8ヶ月はどの国のどの発音の違いも聞き分ける事ができるらしいです。だから生まれてから8ヶ月まで言葉に触れるのはすごく大切だってのを聞きました。8ヶ月以降は自分が聞いてる発音だけに耳が集中してくるらしく、それ以降に聞く聞き慣れない発音は取得するのが難しいらしいです。だから年をとってからというより、生まれて1年以内にexposeしなかった発音は聞こえない、または聞き分けが難しいんです。Gちゃんのお話で思い出したんですけど...私の祖母も同じでしたよ!もう何年も前に亡くなったので忘れかけてましたが、そういえばうちの祖母もティが言えなくてチィって言ってたな〜って懐かしく思いました。

まあこさんの訛りの話を読んで思ったんですが、アメリカもいろんな訛りで話してますよ。もちろんアメリカも移民の宝庫なので英語をネィティブとしない人達の訛りもありますが、南部訛りだったりニューヨークも訛りあるし、私が住んでたボストンもとても美しいとは言えない訛りがあります。ボストニアンのアクセントはuglyって有名だよって本人達が言ってますe-446またカリフォルニアは移民が多いのでいろんな訛りを聞きます。そしてみんなそれぞれの訛りで通じ合ってますよ。

ただピッピさんがおっしゃるように訛りがヒドかったり文法がbroken Englishだと理解されずらかったりするのが難点ですけどね。特にビジネスレベルになるとimpatientな人達は沢山いるしスムーズに話さないと「あんたとは話したくない。他の人出して」って言われたりします。これに私は鍛えられました〜i-229私がカウンセリングやインターナショナルスクールで先生してた時もきちんとしたいわゆる英国や米国の英語を話せないとプロとしてきちんと認めてもらえないみたいな厳しさもありました。特にクライアント側は容赦ないですからね〜e-263

でも人と交わっていく上では自分らしい英語でいいんじゃないかなっては思いますけどね。

  • ピッピ
  • URL
No title

Ryokoさん、
こんにちは~!
口の中のできもの、つらいよね~(泣)。辛い物、パリパリする物が当たるともう・・・。
fibroma、辞書で調べてみたけど、わかりませんでした。fibroだから、繊維とか結合組織とか・・そのへんのようですが。早く回復されますように!
アメリカは通院するってたいへんそうねe-263 Ryokoさんがベビーを出産する前に病院に行く話を聞いてるときから思ってました。

さて、発音について、体験に基づく貴重なお話、聞かせてもらってありがとう!
ホームステイでお世話になった人たちとか、仕事でいっしょになった人たちとか、みんな親切で、こちらの拙い英語をじっと待って聞いてくれたり、ゆっくり話してくれたり・・・優しい人たちと接してこれたことは、実にありがたいことなんだ、と思います。
Ryokoさんの体験のように、これがビジネスとかになるとコロッと事情が変わってしますわけですね。
米倉涼子という女優さんがブロードウェイでミュージカルに主演しましたが、なかなか厳しい批評も頂戴してました。ニュースになったりしました?
日本企業でも、企業内の公式語は英語、と定める会社が出てきたり、社員にTOEICの受験を義務化したり・・・英語の波が寄せてきています。今後、「英語を学ぶ」ってどうなっていくのか、私にはちょっと想像がつきません。

  • 電個
  • URL
No title

こんばんは。

 
   叔父がシカゴに30年近くおりますが、これがバリバリのタカナ英語で、
   衝撃的です。子供3人大学卒業させたので、たぶん通じている模様です。
   しかーし、私は発音が悪くて通じないときが、ちょくちょくあるのでストレスが
   たまります。なにかすごく英語を母国語としている話者に意地悪されてる
   ような感じがするんですよ、とくにこちらの体調が悪いときは。
   まあ~ やはり発音はきれいなほうがいいですよね~
   でもどうやって?いまさら・・・  だから英語嫌いなんですよー 
   イタリア語いいっすよ~


    全然関係ないですけど、絵本の翻訳コンテスト応募しませんか?
    カタルーニャ語かスペイン語ですけど。絵本としては面白いです。
    今年のおだいは「吸血鬼ラディスラウ」だそうです。牙がとがってなくて
    不自由な生活をしている吸血鬼の話。32ページぐらいの長さ。

    ・関西カタルーニャセンター
    http://home.att.ne.jp/banana/cck/
   
   
    
  

No title

ほんとだ~~~、最近ちょっと体調に関する話題が多いですねv-290
同じ世代なので参考になってます。どんどん吐き出してください。
できれば整体にも一緒に通いたいくらいです。
帰りにお茶、、、いい感じじゃないです?
発音に関しては私はすごくトラウマがあって、いまだにネイティブに「わかる? 通じる?」と聞いてしまいます。気にしないでいいよと言われるのですが、なにせ自己流なもので自信がない。かといって勉強(治療)もし直してないから、トラウマだけが残ります。私が英語を話していて、ちゃんと答えは返ってくるから意思疎通には問題なさそうですが、、、皆さんの想像力に助けられているのかも。

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

電個さん、
こんにちは。

・・・てことは、電個さんとその叔父様はコミュニケーション取るときは英語ということですね?
叔父様にとっては、もう日本語でのコミュニケーションの方が、たいへんになってしまってるわけですか。
人間の脳ってすごいなあとつくづく思います。

そして、また新しい世界へのご案内、ありがとうございますe-451
面白そうですね、その吸血鬼さんの絵本。まだ翻訳はどこの国でもされてないのでしょうか。
スペイン語は、日本人にとっては発音しやすい・・とは聞いたことがあります。・・・知ってるのはそれだけで、なんの知識もありません~~~e-330

  • ピッピ
  • URL
Re: No title

Emiさん、
こんにちは~。
ホントに整体もお茶もご一緒したい!
Emiさんは発音、なんも問題ないと思いますよ~。それに、表情や表現が豊かなのもコミュニケーションを取る上ではすごくポイント高いと思います。伝えようとする姿勢というか。
「この人の話、もっと聞きたい」と思ってもらえるってすごく難しいことだと思うんですよ。

Emiさんの面白トーク、また聞きたくなってしまいましたe-259

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback