プロフィール

ピッピ

Author:ピッピ
迷えるアラフィフ。
2014年2月英検1級取得 
TOEIC965点(2013年 11月)  
2015年2月通訳案内士試験合格。

My daily life as an English learner

フリーエリア

読書記録




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--

アテンド

Category: 仕事  

12月の初めに仕事で5か国からの方たちと地元をあちこち回る機会をいただきました。

地元の伝統工芸、匠の技に興味関心が深く、手間のかかることが大好き!な方たちでした。
いろんな工房におじゃまして、私が勉強させてもらった次第です。

手すき和紙の工房では、和紙を漉く竹の道具「簀桁(すけた)」の説明を受け、日本各地の職人さん10人ぐらいの技術がなければ
この道具は手に入らない、ということで、細く削られた竹や、それを繋ぐ絹糸のはり方に"Excuisite!"の言葉が漏れました。
歴史的な街並みを案内した時は、漆喰の壁や焼杉の技術に感動して、壁や塀をたくさん撮影されていました。私たちにとっては、
見慣れたものなので、新しい気づきでした。

普段は見ることのない、高い技術力と熱いハートを持った職人さんたち大勢に集中してお会いして、・・・のぼせました(笑)
ダブルミーニングで、①ドキドキしたこと ②たいへんで血圧があがったこと(汗)
モノづくりをしている人たちは素晴らしく、カッコいい。今回のご縁は忘れられない思い出となりました。

反省点は多々ありますが、北欧からいらしたお二人には話が時折通じず、「??」という顔をされたので、まず大きな声で、伝わるように話そうと思いました。

ふるさとのいいところをたくさん再発見させてもらったことがたいへん嬉しいです。

和紙の里
和紙の里。オレンジ色のは名物の干し柿。その横に和紙の原料、梶の木が植えてあります。
伝統工芸品の店
伝統工芸品を集めたお店。この横には織物工房。このようなショップが増えております。





 2016_12_21


さて、前回の投稿の続きです。

出雲大社に初めて行ったのが2年前。それからの数々のご縁をお礼しに行かねばと思い立ち、オットに提案。
オットも行かねば、と思っていたようですんなり決定。冷蔵庫に食料を詰め込んで、「Gちゃんを頼む」と受験生二人を置き去りで出発。

前回は石見銀山でガイドさんのお世話になって素晴らしくよかったので、出雲大社でもワンコインガイドさんをお願いしました。
大社を遊び場に育った地元っ子のオジサマで、いろんなことを教えてくださいました。

なぜ出雲大社の参道は他の神社と違って下り坂なのか。
本当の参拝の仕方。
大国主命が因幡の白兎を助けた後の話。出雲についてのトリビア。
鳥居のすぐ近くにある立派な旅館は竹内まりやさんのご実家。
今そこを通っていたのが宮司さんとその息子さん。

などなど、とっても楽しい90分でした。

驚いたのは、大国主命の奥様のこと。
出雲に来る一週間前、沖ノ島が世界遺産に指定される記念の国宝展が宗像大社で開催されていたのですが、「今見ておかなきゃ!」と思って急遽行ったんです。その宗像三女神にのおひとり、市杵嶋姫が大国主命の奥様で、出雲大社本殿の横に祀られているということがガイドさんのお話でわかりました。
国宝展2

1国宝展

この国宝展がまた凄くて、神宿る島と言われ、いまだ女人禁制の沖ノ島で発掘された4世紀以降の宝物2万点Σ(・ω・ノ)ノ!
会場でクラクラしましたもん。下の写真は写真家増浦行仁氏が禊をして撮影してきた写真を和紙にプリントしたもの。

と、いうわけで、参拝してすぐにご縁を感じたわけです。

今回は、日御碕神社と玉造神社と、出雲大社にお詣りすることができました。
日本の昼は伊勢神宮が守っていて、夜は日御碕神社が守っていると言われているそうです。
日御碕神社
玉造神社は、泊まったホテルのすぐ近くにあります。2年前初めてお詣りした時に叶い石というのを頂きまして、そのお礼もしたかったので、また行ってきました。
http://www.tama-onsen.jp/negaiishikanaiishi
前回は人がいなかったのに、今回は参拝客がたくさんでした。

オットとのほぼ20年ぶりの二人旅、温泉も地酒も海鮮丼も満喫しましたよ。
二日目は人生初鳥取県で水木しげるロードを満喫。
神話、神社・・日本ていいなぁとまた改めて思ったのでした。






 2016_12_17


12月に入り、仕事のまとめをしております。

頑張ったなぁ、今年。
一つ一つのファイルがわが子のように愛しい(笑)
先月は夜中まで作業したことも。・・・しかし、寄る年波には勝てない。夜更かししない生活をこれからは目指したい。

今年は通訳ガイドの研修をはじめ、オフ会などのイベント、PTA、仕事関係で今までになくいろんな人と知り合えた一年でした。
スケジュール帳を見ながら、「(私にしては)かなり欲張ったなぁ^_^;」と振り返っています。
11月はPTA関係など子どもたちのいろいろと、地区のお祭りの担当の合間を縫って、韓国の学生さんのホームビジットも経験し、また、「今日は寝ていたいけど、行かないと後悔する!」という思いに動かされ、遠出を何度かしました。

一緒にお勤めした英語教師の先輩の退職祝いで、懐かしい元同僚たちとも会いました。
アラフィフの女性の先生たちが3人亡くなった話になりました。お一人は突然死、お二人はがんでした。
みなさんバリバリと頑張っておられた方たちでした。
人生の時間って有限なんだな、とわかっていることだけど、また改めて考えました。

今年のやりたい放題な自分を振り返り、体力はないけど丈夫な自分の体と、今の環境と、家族に感謝しました。

11月の締めくくりは、オットとほぼ20年ぶりの二人旅でした。
2年前に出雲にお詣りしてからのご縁に感謝するお礼参りです。

つづく。
稲佐の浜
出雲大社





 2016_12_03


水曜日にお休みの時は、NHKラジオ第一の「すっぴん!」を聴きます。
藤井彩子アナとダイヤモンド☆ユカイさんのコンビで、楽しいです。
一番楽しみなのが、「ユカイな裏歴史」のコーナー。歴史家、作家、大学講師の加来耕三先生が歴史の裏話を楽しく解説してくれます。ダイヤモンド☆ユカイさんは実は城マニアで歴男。

例えば最近では、「鹿児島では西郷さんが大人気で大久保利通は大悪人扱いなんだけど、大久保は実はこんなチャーミングなヒト」「黒田官兵衛が息子長政を守るためにやったこと」とか、加来先生がご自分の仮説も含めてお話される内容がとても面白い。
日本史の授業で聴きたかったのはこんな話だったなー、と思います。歴史は人生ドラマの重なり合いですもんね。
大人になって、通訳ガイド試験のためにおさらいした日本史、人生経験を経た方がいろいろ面白く感じますね。
人間関係のドロドロとか、親が子に思うこととか。

ユカイな裏歴史←リンク

「すっぴん!」は日替わりレギュラーで金曜日の高橋源一郎さんの放送も好き♪
昨年のことですが、時代劇研究家の春日太一さんが、渡辺謙さんの日本での最後の時代劇作品「御家人斬九郎」で使われたQueenの"The Show must go on"を紹介。渡辺さんがもう時代劇に出ない理由を語られたのも感動的でした。

index_1.jpg(BSフジより)


浪人生のムスメは、予備校でとっても素敵な日本史の先生に出会って、目下の愛読書は「日本史資料集」。
博学で授業が上手で、「先生にガイドしてもらって世界旅行したらすっごい楽しいし勉強になると思う」と言ってます。

先日模擬試験で選択肢に「兀庵普寧」てお坊さんの名前が出てて、
「おかーさん、これって「パイあんふねい」て読むの?」
そんなはずないやろ!と思ってググったら「ごったんふねい」でした(初めて見た!!)
「ゴタゴタ」の語源になった人なんだって。

「円爾弁円」も出てきたらしい。読み方は「えんにべんねん」。博多山笠のきっかけを作ったお坊さんでした。
「いろんなお坊さんがいたんだねー」とか、昨年はムスメとこんな話できる感じじゃなかったので(遠い目)、嬉しくも不思議な感じです。そもそも私が歴史面白いと再認識したのも英語のおかげ。

そんな彼女が目下行きたいのは名古屋の明治村。(画像お借りしております)
146175968305991152177_IMG_0001-1.jpg

受験が終わったら存分に楽しんで来てください。(私も行きたい)
 2016_11_19

肩甲骨

Category: 日々のこと  

こんにちは。月刊ブログです(汗)

デスクトップが入院し、(○ニーのPCにはタイマーがついてるそうで、5,6年で壊れるってホントですか???)、ノートでパスワードがわからなくなり、今やっと更新中。
その間に首が回らなくなり、ゴッドハンド先生のお世話になりました。あのムチウチの人がはめてる輪っかをはめて通勤しました。
愛犬まめが二回脱走し、二度目は走って捜索したため、腰をやられて今出産後に使用していた骨盤引締め用のコルセットをしています。いやー、コルセットすごい。動きが全然違う。
今日は先日の飛蚊症の診断のあと、瞳孔を開く検査をしますと言われて車で行けないからバスで眼科に行く予定。

それにしてもここまでのどうでもいい話、年寄り過ぎますなー。お聞き苦しかったらごめんなさいね

ドクターゴッドハンドから首が回らない原因は肩甲骨と言われました。つながってるんですねー。整形外科ではそういう説明はされないかもしれませんね。いきなり『手術しましょう」とか言われそうな・・。
元アスリートの同僚からは、「健康の秘訣は肩甲骨です」と諭されました。
合わせ鏡で見たら、出てたはずの肩甲骨が背中の肉に埋まってる・・・。てか、どこにあるのか???

10月は、自分は何もしなくても向こうからいろんなものがやってきた月でした。
「ちょっと手伝ってー」と言われて出て行って、外国からのお客様をサポートする仕事が何度かありました。
ホームビジットのお話があって、ホントに少しの間ですが、初めて我が家でアジアからの生徒さんを受け入れることになりました。
飲みに来んね?とかちょっと出て来んね?とかいうのも多くて、ホイホイ行ってたから体がガタついたのか。
ホイホイ行くならそれなりの基礎体力がないといかん、というのに今さら気づく・・・。

11月はどんな月になるんだろう。
受験生ふたり。かまってちゃんのおじさんがひとり。高齢者ひとり。たまに脱走する犬一匹。
ちょっとしたことから、このかまってちゃんと旅に出ることにしました。(一泊ですが)
受験生たちは唖然としていましたが、きっとなんとかするでしょう。
なんでだか動いた方がいい気がしました。
シンガポール人のアートの先生が、"nudge"という言葉を教えてくれました。「ちょっと突く」という意味だそうです。
何かをちょっと動かしたことで、それに対する反応が起きて、次第に大きな動きになる、という作品を作っている、という話でした。
私も11月はいろんなnudgeを試してみたらどうだろう、と思いました。

そして、肩甲骨は大きく動かす・・・てことで





 2016_11_02



03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

検索フォーム



pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。